<   2018年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ご案内 (お知らせ/譲渡までの流れ/問合せ先など)

※この記事が常にトップです※
*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*
「幸せ探し杏組」では家族のない犬猫の救済・保護・譲渡を行っています。
c0264744_15193548.jpg

 メニュー「カテゴリ」からご希望の子の名前を選んでいただければ、
 その子の記事をご覧いただけます。

◆ 康太 オス 14歳
 ●クロム オス 仔猫 治療中
カッティーボ オス 2018年9月で6歳 
ヌッティーボ メス 2018年9月で6歳


< 重要 > 
里親希望申し込みをする前に・・・
必ずこちらをご確認ください

***********

里親希望申し込み
【保護主:杏】
takashi_81_4@yahoo.co.jp

***********

2018年8月12日保護のクロムくん
ひどいケガを負った状態で保護され
一時は安楽死もすすめられました。
ケガの影響で顔の内部が壊死し
膿が溢れて穴だらけになり右目を失い嗅覚も失いました。
これまでに2回の手術を受けて現在も入院中です。
ご協力いただいた治療費はまだ精算していないため手元に大事に保管しています。
手術の状況や入院期間により、また治療費のご協力をお願いすることがあるかもしれません。
その際にはご検討どうかよろしくお願いいたします・・・


*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*
ブログ村ランキングに参加させてもらっています。
ひとりでも多くの人に見てもらえたら・・。
がんばる犬猫たちの赤い糸が繋がりますように。
 ↓ ぽちっとお願いします ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*
しじみさん宅から卒業した「りこ」が迷子です。
どうか貴重な情報をお寄せ下さい!
捜索に関する詳しい情報はしじみとともだちseason2で随時更新されています。
*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

[PR]
by siawasesagasoh | 2018-12-31 12:47 | *お知らせ* | Trackback | Comments(4)

クロム、退院へ



更新が滞っていてごめんなさい(>_<)





私がグロッキーになっている間にも

入院中のクロムは日々をちゃんと過ごし、

この度、16日に退院してきました。





退院に際して

またまたじゃりんこさんと旦那さんにご協力いただき、

病院からうちまで連れてきてもらいました。(いつも本当にありがとう!)





「おかえり!クロム!」


c0264744_21050433.jpg
            クロムの到着を待ちわびていた杏子と再会!






到着したクロムは、

4か月前に入院したときと同じように、

とっても人懐こくて利発で太陽のような明るさを持ったまんまでした。



痛いこと、沢山あったでしょう?

辛いことも、沢山あったでしょう?

悲しいことも、あっただろうに。



それでもなお・・・いや、

より一層、

人が大好きな男の子に成長しました。



c0264744_21061376.jpg




生れ落ちてたった6ヶ月ほどの短い間に、

おでこの骨、右目、嗅覚、上あごの一部、鼻筋、ほっぺの一部・・と、

沢山の大事なものを失ったはずなのに、

入院中のこの4か月に得たものはもっと多かったのかもしれません。






重篤な状況で入院したクロムが、

自分の足で立って帰ってきた事実は大きいです。

でも、生後半年のこの月齢で、体重が1.5キロしかないことも重大です。






「完治したから退院した」・・・ではないのがとても残念です。




2度の手術を受けた今のクロムには、

3度目の手術を受けられるほどの粘膜の余裕がないそうです。

それに口腔内の穴の周りは壊死で溶けて落ちてしまって骨がないので、

例え粘膜があってもくっつきにくいとのこと。


もう少し成長したらなにか別の方法などがあるかもしれないけれど、

今の段階での方法が見つからないとのこと。


そのために、年末年始は一旦保護宅で過ごして様子を見ましょうということになりました。



なお、4か月間の入院で体重が1キロしか増えなかったことから、

どこまで大きくなれるか疑問が残るところで、

穴の開いたこのまま生活出来るのなら、

もう穴は塞がずに、このままでいくしかないかもしれないとのことでした。




今のクロムは、カリカリフードは自分で食べられます。お水も飲めます。

口腔内に開いた穴と、ほっぺたに開いた穴が貫通しているので、

砕けたフードが口腔内の穴から入り込んで、ほっぺの穴から出てくることがあります。

そのために、この穴を清潔にしていく必要があるくらいで、他は元気な猫さんと同じです。

エリカラはほっぺの穴を気にして引っ掻くのを防止するために着けています。

これがいつ取れるかは、まだ分かりませんが、

片目であることの不自由はありません。

おでこの骨がないことも、不自由ありません。



忙しく駆け回っていて、止まっていることが少ないくらい元気です。





c0264744_21071682.jpg


元気ではありますが、

生後2ヶ月からの4か月間を入院していたために、

猫らしい「上下運動」は今はまだあまり見られません。



人が大好きです。

甘えるのも一緒に遊ぶのも大好きです。

子供も大好きです。


c0264744_21224933.jpg



生後半年のクロムの体は、

まだ生後3か月くらいのサイズしかありません。

小さな体でここまでよくここまでよく頑張ってくれました。




とはいえまだまだ不安定なクロムですので、

正式な里親さま募集は開始していませんが、

すべてをご理解の上、

もしもクロムを迎えたいとお考えの方がいらっしゃいましたら

いつでもお問合せお待ちしております。








クロムの治療費のご協力をくださいましたみなさまへ。

急きょ決まった退院だったため、

病院側がまだ医療費の計算が出来ていないそうです。

計算ができ次第連絡をいただけるそうです。

まずは年内にもう1度受診しなければなりませんので、

その時に支払いを済ませることが出来るのかなと考えていますm(__)m




みなさまからのあたたかい応援ご協力のお陰で、

まずは無事に退院出来ましたことをご報告させていただきます。

安心して治療を受けることが出来たのはみなさまのお力添えあってこそです。

本当にありがとうございます。



まだ治療が必要なのか、

手術が必要になるのか分からず心配もありますが、

大母の大切にしている観葉植物に登っちゃうくらい元気になれました!


c0264744_21301855.jpg




c0264744_21374464.png












[PR]
by siawasesagasoh | 2018-12-17 21:38 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(0)

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
画像一覧
更新通知を受け取る