<   2018年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

とりあえず、もう大丈夫!



前庭を起こす前のごはん全量に戻りました♪

美味しいおやつはもちろんのこと、

そう美味しくはないおやつも、

喜んでいただいたいております!



庭散策も楽しんでいます。

穴堀も復活♪


c0264744_10203508.jpg

まだふらつきは残っていますが、

今回の前庭障害についてはもうほぼ復活したと言えると思います。


点滴はやめました。

ステロイドは急には切れないので、あともう少しだけ。



銀次の掘った穴の、なんて愛しいこと。






仲の良いお隣さんをぎょっとさせちゃうほど痩せちゃったけど、

この食欲があればすぐに戻ると思います(^-^)



c0264744_10231040.jpg

銀次をご心配いただき、

コメントやメール、ラインなど下さったみなさま、

本当にありがとうございました!


とりあえず、もう大丈夫です!













[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-28 10:24 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(6)

・・・食べた(´▽`*)



夕方。

AD缶にミルクをまぶしてお湯でゆるめたごはんをシリンジで吸い吸い。

おかわり用のごはんもカップに入れて「食べてくれますように」と願いを込めます。




ここのところ無理やり食べさせられるのが嫌で、

このセットを見るだけでうんざりしていた銀次郎。



背中にごはんセットを隠していざ銀次郎のもとへ!






最初はいつものニュートリスタット。

ニュートリだけは昨日から少し舐めてくれるので、「よしよし」



次はシリンジのごはん。

シリンジを鼻先に出したら、、、、おや?

クンクンしてくれた♪

いつもは匂いだけで おえっぷ・・としていたのに。


少しは食欲出てきたかな?と淡い期待を抱いて、

シリンジをぐいと押してみたら。。。





ペロペロ・・





食べたーーーーーーーっ!Σ(・ω・ノ)ノ!



シリンジのごはんは自分で舐めてくれたので押し出すだけ。

それを全部食べたなら、

「もっとちょうだい」ときゅるるんお目目。










キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

おかわりの催促いただきましたーーーーー!!




カップのおかわり用のごはんも自分で完食!





先週木曜日に前庭になってから、

初めて自分の意思で食べてくれました!(((o(*゚▽゚*)o)))


嬉しいっ



c0264744_22500861.jpg


ペーストだけでは足りなかったようで、

いつものドライフードにミルクをかけたものをほんの少し足しました。

それも完食♪



急にたくさん食べてお腹が痛くなってもいけないので、

夕方はここまで。



夜はまた少しのボーロおやつと少しのごはん×ミルク。

ごはんは少し残したけど、ボーロは完食。




今夜はもう眠りについた銀次郎。



c0264744_22511202.jpg



まだふらつきはすごいですけど、

食べてくれれば先は明るい!



自宅点滴のための協力をしてくれた先生にも、

「食べてくれるようになりましたーーー!」とお礼と報告のメール。



【生命力の強い子だね!】とお返事をいただき、

ひとり、うんうん(((uдu*) と喜びのうなづき。






明日は今日よりもっと、

銀次郎が過ごしやすくなりますように。




[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-25 22:52 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(8)

振り返る




※ 今日の写真は全部 以前撮ったものです ※




銀次郎の

預かり時代~家族になるまでの間に書いていたブログを

ふと読み返してみました。





記憶が鮮明なときに書いた銀次郎の保護当時の記事内容を見て、

あぁ、銀次郎はとっても苦労してここまで来たんだよなぁと改めて思いました。





2006年3月に初めて出会い、

初めて頭を下につけて寝たのがその7ヶ月後。

それまでは寝ている姿そのものを見たことがありませんでした。



初めて自分の意思でごはんを食べたのが保護してから10ヶ月後。

それまでは強制給餌でようやく生きていました。


c0264744_23085915.jpg



そうそう。

当時の銀ちゃんのことを、

「 車で言えば ポンコツ 」って、

ドッグトレーナーさんに言われたのでした。


市内市外のドッグトレーナーさんに電話をかけまくり、

やっと銀次郎と面談してくれるところまでお願い出来たトレーナーさんに。



大事な銀ちゃんをポンコツと言われたことに怒りを覚え、

なにかの糸口を探していた私の心をポキリと折りつつ、

こんなことには負けん!と奮起した、

ターニングポイントにもなった言葉 「ポンコツ」。




c0264744_23094611.jpg




その後、有名な行動学の先生に診てもらった際、


======

「犬の一生は短い。
 でもその短い一生の中で、この子が乗り越えなければならないものは多い。
 死ぬまで辛いことばかりで過ごさせるよりは。。。。」

======

と安楽死をすすめられました。



そういわれた時は、ただただ頭をもたげました。



すぐに この提案に NO!と言えなかったのは

銀次郎と暮らしている私たちにはその意味が痛いほど分かったからです。





安楽死の提案をされたときにはすでに保護から1年が経過していたので、

銀次郎には苦痛だらけの世の中であることは間違いありませんでした。


行動学の先生はこうも言いました。


======

この状態の犬を処分しても、

誰も あなたを責めません。責められません。


======


その言葉に、

銀次郎の置かれている難しい状況がすんなり理解できました。







でも、そう。

当時の私が書いたブログのこの文章に、

今も深くうなづきます。


=======

処分をしたって、
銀ちゃんにとっても私にとっても、なんの解決にもならない。

銀ちゃんのことで悩んでいるからって、
私にとって「処分」は絶対に「解決」じゃない。


=======


銀次郎を安楽死して、

楽になる人がいるとしたら、それは銀と暮らしている私たち家族だけ。

銀次郎自身は、苦しいまま、「やっぱり・・・」と絶望して、死ぬだけ。



c0264744_23103281.jpg


( 私はずっと前から、

  病気による安楽死については否定的ではありません)



銀次郎は確かに心の病気だったかもしれないけれど、

どんな病気だって、最後の最後まであきらめずに治療するはず。

まだ治療らしい治療もしていないのに命を絶つのはあり得ない。





そう思いながら、

2006年の保護から12年。



銀次郎は今も治療(成長)の途中。

出来ないこと、今も色々あります。

でも出来ないことの倍以上、笑顔がいっぱいです。







銀ちゃんが、

それこそ、心から、体から

血を流して手に入れたここでの生活は、

全然特別な暮らしではありません。


c0264744_23211682.jpg


おはよう!おやすみ!を言い合える家族がいて、

体を汚さず眠れる場所があって、

朝晩ごはんを食べる習慣があるだけ。





こんななんでもない生活を送るために

銀ちゃんはとんでもない努力をしてきたんだよなぁ・・

と、前のブログを読んでみて再認識して、

改めて 私たちが今 銀ちゃんのことで奔走しているのは

ごく当たり前のことで

それでも足りないくらいで、

明日はもっと銀ちゃんに出来ることを探そう!と思いました。






銀ちゃんの昔のブログはこちらです↓







[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-24 23:30 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(4)

目の力



前庭障害から4日目。

まだまだ食欲は戻りませんが、

目の力が戻りつつあるように思います。



しょんぼりしながらセンターからやってきた康太君と並んで、

ダブル14才でお互いの体調を気遣っています。



ぎ:・・・こうちゃん、どう?


こ:ボチボチやな。ぎんは?


ぎ:・・ぼくはまだもうちょっと・・


こ&ぎ: お互いガンバローな。


痩せたふたつの背中が並んで、

そんな平和な会話をしているように思えてしまいます^m^



ひとりで歩けないのは今もだし、

部屋の中では寝たままおしっこしているし、

鼻先に食べ物を差し出すと「おえっぷ。。」とげっぷが出ます。

3日間で、体重が1キロも落ちました。

弱っている銀次郎の体力を奪うような暑さはまだまだ続きます。



でも今日は合計30mlの流動食を吐かずに過ごせました。




銀ちゃんはこれまで些細なことでもなんでも、

信じられないようなスローペースで歩んできた子。


だからきっと回復にも時間がかかるだろう。

そう思いながら、のんびり回復へ向かう銀次郎のお尻を支えます。




c0264744_22375623.jpg

銀ちゃんが今通っている動物病院は、

処置室と待合室の間にガラス張りの部分があって、

処置室で点滴中の銀ちゃんの様子を、私たちは待合室から覗いています。




そんなとき杏子ちゃんはいつも、

同じ診察室にいるカワイイわんこやにゃんこには注目せずに、

ただひたすらにガラスに張り付き大きな声で、



「 あ~  銀ちゃん  かわいいねぇぇぇぇ (・∀・) 」


と、処置室にいる銀次郎を褒めちぎりうっとりと見つめているのでした。



私も間髪入れずに

「 分かるよ~ 分かるよ~  銀次郎 かわいいねぇ~! (・∀・)」

と、杏子とふたり、盛り上がっています。



もちろん待合室ではそんなおバカな親子の会話をすべて聞かれて笑われていますが、

だって、しょうがない。


本当にそう思うのだから。  (*'ω'*)









[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-23 22:49 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)

集まる~っ




前庭障害発症から3日目。



眼振はやや回復傾向にあるとはいえ、

足元のふらつきは一瞬でも目が離せないくらいにあるし、

勢いよく転倒してしまうこともあって、

これまでの銀ちゃんの行動とはまったく違います。




銀ちゃんの突然の異変に、

一番戸惑っているのは銀次郎本犬で、

猫たちは異変の起きたあとも、

いつものように接してくれます。


・・・・

いや。いつも以上に銀ちゃんのそばに集まっています。

c0264744_12310439.jpg
動物たちはどうして、

弱っているときこそ静かにそばに集まってくれるんだろう。






銀ちゃんは特に、

これまでうちに来てくれたすべての弱った子たちのそばに、

本当に静かに優しく寄り添ってきてくれていました。

それこそ、うちにたどり着いたその日から。

自己紹介もまだの状態でも、なんの躊躇もなく。



体が傷ついた子。心が傷ついた子。

男の子、女の子。老いも若きも   分け隔てなく。



私なんかは小心者なので、

まだお互いのことがよく分かっていない段階では、

「もしかして噛んだりするんじゃない!?」とか、

いらぬ心配でビビってしまうというのに。







それでも

私が今まで傷ついた子たちを躊躇することなく受け入れることが出来たのはきっと、

銀ちゃんが癒して治してくれるという安心感があったからなのかもしれません。


「うちには銀ちゃんがいるから、大丈夫だよ。」って。




沢山の子たちを癒してくれた銀ちゃんを今、猫たちは

銀ちゃんがそうしてくれたように、癒してくれています。



c0264744_12385886.jpg


私がささやく100回の「大丈夫だよ」より、

猫が伝えてくれる優しい寝息が心強い銀ちゃん。






私はやっぱりいつもの通り、

ごはんを運び、水を飲ませ、抱っこで外に連れて行って、

おしっこで汚れた敷物を洗うだけ。





私も、猫たちのように少しでも銀ちゃんの心の支えになれるように、

猫の寝息ひとつ分、100万回の だいじょうぶだよ をささやきます。


c0264744_12445525.jpg


100万回に到達するまでしばらくは猫たちに頼りますっ





[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-22 12:46 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(6)

銀次郎 病院へ行く



うちの銀次郎、推定14才。



庭は大好きだけど、

敷地外への恐怖心は健在で、

これまで散歩を楽しんだこともないし、

私が自宅で出来る予防治療は自宅で。
(そのために動物看護士になりました)


幸いなことに、

これまで病気らしい病気はしたことがなくて、

あっても1日程度の軽い下痢くらい。



屈強といえるまでの鋼の肉体を持った銀ちゃんにも、

老いは当たり前にやってきて、

7月19日木曜日、午後、

老犬性前庭障害が起こりました。



前庭が起きた瞬間、私は銀ちゃんのそばにいました。

気のせいかと思うくらいの異変を示した数分後、

旋回し始めた銀ちゃん。



これまでに何度も老犬の前庭障害を見てきていたので、

すぐにそれと分かりました。



その前庭障害が中枢性なのか末梢性なのかだけしっかり確認して、

末梢性と仮定してすぐに次の行動を。






銀ちゃんはとーーーーーーーっても繊細で神経が細やかな子なので、

ほかの子の前庭とは少し勝手が違いますが、

発症から2日経って、

症状はやや回復傾向にあり、

銀ちゃんのメンタルもやや落ち着きつつあります。







木曜日夕方に発症して、

金曜日の朝一、

とにかく気持ち悪さだけなんとかしてもらうべく、

病院へ・・・となったときに思い出したのが去勢の時のこと。




銀ちゃんを保護した後に行った去勢の際は、

その病院にある最強に強い麻酔薬を限界まで投与したにも関わらず、

術中にうなり噛みつこうとする銀ちゃんを抑えたまま手術したのがフラッシュバック!




とはいえ、気持ちが悪いのは可哀想。

しかも、

毎日この暑さで、

全然食べられないのは大問題。




意を決して。。。





去勢中にも大暴れをした銀ちゃんをもってして、

こんなに大人しく点滴を受けることが出来ました。

c0264744_11390213.jpg
初日は念のために口輪をしたけれど、

2日目は口輪なしで治療を受けることが出来ました。


暴れる余裕もないほどに具合が悪い(気持ち悪い)のと、

精神的ショックを受けているからです。




でも、この治療を受けると少し気持ち悪いのが治まるのも分かっているようで、

帰りの車の中ではちょっとだけ笑顔も戻ります。


c0264744_11475257.jpg

慣れない外。

慣れない待合室。

慣れない車。

本当はどれも心臓が爆発しそうなほどドキドキしているのだろうけど、

銀ちゃんが恐怖で興奮して息が荒くなると、

決まって杏子が銀ちゃんをぎゅーーーーっと強く抱きしめてくれます。



銀次を抱っこしている私の片腕には、

銀ちゃんと杏子の体重合計30キロがのしかかります。

その重さの、なんて幸せなこと。


滝のように流れる大粒の汗を目の中に入れながら、

銀ちゃんの可愛さと杏子の頼もしさについ頬が緩みます。



c0264744_11513094.jpg

眼振の激しさはやや治まったものの、

斜頸もあって今はひとりで歩くことが出来ません。

室内では寝たきりの垂れ流し状態です。


大好きだったカケションも、

今は足が上がらず転倒してしまうので出来ません。


まだ食べることも出来ていません。



それでも毎日抱っこで庭に出ています。

外でするおしっこは最高!

びゅーっと吹き抜ける風は銀次に優しい!

大地は銀次を待っている!




なるべく普通に、

それでいて特別に、

今日を過ごす銀ちゃんと私たちです。












[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-21 11:56 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(6)

やっぱり兄妹



里親さま募集中の

ヌッティーボ(♀)白多め


カッティーボ(♂)黒多め





1日違いで、

同じ場所で、

同じような月齢で保護したので、

推定 兄妹 。



同じ部屋の、

別の場所で、

同じようにくつろぐ様子は、

やっぱり 兄妹!


c0264744_18501923.jpg

大人の猫なので、

2匹一緒のおうちに。。というのは高望みかもしれませんが、

仲良しで、いつも一緒にいるヌッティ・カッティなので、

今後も一緒にいさせていただけるようなご縁を優先したいと考えております。


2匹一緒に。。にこだわり過ぎて

どちらのご縁も結べないままということも良くないですので、

どちらか。。というお問い合わせも、

それぞれにとって良縁となるよう、心よりお待ちしております(*^-^*)



お問い合わせは takashi_81_4@yahoo.co.jp  まで179.png



c0264744_18554127.jpg









[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-04 18:56 | カッティーボ(募集中!) | Trackback | Comments(0)

かわゆ~♪



うちの猫、こまちゃんとようちゃん。




どちらも保護当時からしばらく、家庭内ノラ状態で、

里親さまとご縁のないまま、うちの子となりました☆





こまちゃんは、数年前から。

ようちゃんは、数ヶ月前から、、、、

家庭内ノラだったとは思えないくらい心を開いてくれました♪


特にこまちゃんはもう初めてのお客さまにもデレデレで、

杏子ちゃんとはしょっちゅう頭ごっちん☆でラブラブしています(*^-^*)



そんなこまちゃんの最近の定位置は、こうちゃんのハウスの上!

よく手や足、しっぽをハウスの中にダランとぶら下げています。
(こうちゃん、まったく気にせず(笑))



c0264744_19050953.jpg

ようちゃんもしょっちゅうこうちゃんのハウスの上にいるけれど、

そうじゃないときのお気に入りはこの場所。



c0264744_19023008.jpg

カバー付きトイレのカバーを外してひっくり返し、

その中に座布団を敷いたこの場所がお気に入り☆





ちなみにトイレのカバーが使えないのは・・・・

カバーの出入り口にカッティーボが引っかかってしまうから( ´艸`)




猫たちは、それはそれはのんびりと、

それぞれの猫生を自由気ままに謳歌しております♪





[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-03 18:58 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)

サンルーム 満員御礼



さすがにこの季節、

日の当たる時間のサンルームは閑散としているけれど、

日が陰っていたり、

日差しが柔らかくなる夕方になってくると、

サンルームにはわらわらと猫たちが出てきます。



c0264744_22282747.jpg

里親さま募集中の、ヌッティーボ、カッティーボ、

そしてうちの こまちゃんとようちゃん。

猫、全員集合。


ここでみんな、

なにをするでもなく 思い思いに過ごします。


ゴロゴロする子。

遊ぶ子。

うたた寝する子。

鳥を目で追う子。



そんなみんなの様子を、

うちの杏子ちゃん(3才)と、

お隣のSちゃん(4才)とで、

外から きゃっきゃ☆きゃっきゃ☆と覗いているわけですが、

猫たちは子供たちのことなんてお構いなしで好きなように過ごします。


猫と子ども・・・微笑ましいようでいて、

どこもだれも交わっていないという不思議空間(笑)



なんだかとても面白いのです。






[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-02 22:34 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)

スマイリー銀次





超ド級の笑顔炸裂 銀次郎


c0264744_22372829.jpg


え、なに?  ・・・ かわいい ・・・(*'ω'*)







[PR]
by siawasesagasoh | 2018-07-01 22:35 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
画像一覧