カテゴリ:愉快ななかまたち( 139 )

葉(よう)ちゃん


10年以上、家庭内ノラ状態で、

その全貌を見ることもめったになかったうちの葉ちゃん。



なにがあってそうなったのか分かりませんが、

今年になって当たり前のようにその全貌を見せてくれるようになりました Σ(・ω・ノ)ノ!



そしてそんな幻の猫「葉ちゃん」の 超貴重なバンザイ姿がこちら 



           ↓ ↓ ↓




c0264744_13032330.jpg

サンルームにて。



気持ちよさそう~

大好きなこまちゃんとぴったり寄り添って、

お日さま174.pngを全身にサンサンに浴びてお昼寝です。








[PR]
by siawasesagasoh | 2018-04-06 13:06 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)

銀ちゃんの日向ぼっこ



春の気持ち良い風に吹かれながらのんびりお昼寝中の銀ちゃん。


c0264744_13151772.jpg

カメラの音に気付いて少し目を開けるものの、

起きようとはしません。



お客さんが来ただけで、免疫ダウンで

まぶたから出血してしまうくらいのストレスを感じていたあの銀ちゃんが、

まさか庭でこんな風にお昼寝できるようになるなんて。




なんだか感慨深くなってしまうけど、

銀ちゃんの心地よい眠りを邪魔しないようにすぐに退散しました☆





[PR]
by siawasesagasoh | 2018-04-04 13:11 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(3)

わん!わん!!わん!!!



うちは

いわゆる “ 番犬 “ というのはなくて、

むしろ「吠えなくていいよ」としているので、

誰かがきても吠えることはほとんどありません。



猫と、

目と耳がきかない杏ちゃんとルイに至っては、

誰かが来ても まず気づきません ( ´艸`)



唯一、

警戒心の強い銀ちゃんは一応

誰かがピンポンを押したり門の前に立っているのを見つけると

「わっほ!」と遠慮がちに吠えるのですが、

まるでそれは

「 ちょっと ちょっと だれですか? 」という程度で、

あくまでも自分の存在にはそんなに気付いてほしくはないらしく。






そんな我が家で、




「  わん!わん!!わん!!!

       わんわんわん!!!!




と、体をのけぞらせながら全力の警戒吠えをする者がおりまして。。。
 


いくら注意しても爆吠えをやめないのです。










娘、杏子よ。

犬たちが怯えるし、うるさいから、吠えるなっ



c0264744_16210184.jpg


杏子がわんわん吠えているのを、

いつも寒々しい顔で見ている銀ちゃんです(笑)



[PR]
by siawasesagasoh | 2018-03-10 16:23 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)

仲良しではないけど仲悪くはない



カッティとヌッティ以外は

10才オーバーのうちのメンバー。




絡んで遊ぶわけでもなければ、

ラブラブしているわけでもなく。



みんなそれぞれに自由に過ごしています。





「なんとなく近くにはいるほうが安心。

かといって べったり一緒っていうのもなんだかウザい。」みたいな。








見事なまでの距離感を保って過ごしています。




c0264744_21591758.jpg


ぴったり一緒は嫌だけど、

なんとなく近くがいい。



これぞ、

「つかず離れず」。



※ ルイちゃんも同じ部屋で、毛布の中にもぐりこんでいます。





寄り添う仲良しのお年寄りを見るのも好きだけど、

こういう風に お互いの距離感とかバランスを大事にしながら過ごしているのを見るのも好きです。



自分がよければそれでいい。じゃなくて、

この中ではこう過ごすのがみんなの平和。

というのをさらりとやってのける犬猫たちのナチュラルな処世術に学んでいます。




[PR]
by siawasesagasoh | 2018-03-07 21:55 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)

大地くん、よく頑張ってくれました。



以前このブログでご協力のお願いをさせていただきました大地くん。。

頑張って頑張ってがんばり抜いて、

犬の神様と大地が相談した結果、「このタイミングで」と、虹の橋へ旅立ったそうです。




希望を繋ぐ手術のために送り出した大地に突然のことが起きてしまい、

混乱の最中でありながらも大地逝去のお報せをいただきました。


その声は落ち着いているようでもあり、

頑張ってそうしているようでもあり。。


大地のママさんやご家族の気持ちを想うと

どんな言葉をおかけしたらいいのかと思いましたが、

大地とも保護犬時代の幼犬期からの付き合いで、

ご家族やママさんとも長いお付き合いですので、

ただただ「大地は頑張ったよね」と話していました。





こちらのブログでの呼びかけを見て

大地にあたたかいご協力くださいましたみなさま。

本当に本当にありがとうございました。



みなさまに「完治しました」とご報告が出来ないことは

飼い主さんにとっても大変心苦しいことかと思いますが、

とってもとってもお腹が空いているのに食べることが出来ない・・

という苦痛から大地は解き放たれたことと思います。



また、

最後まで美味しいものを差し出すことが出来たのも、

希望をかけた手術を選択することが出来たのも、

ひとえに大地を想ってご支援くださったみなさまのお力添えがあったからこそと思います。


まりんママさんもそう仰っていました。







大地は、

たくさんのみなさまに支えられ、可愛がられ、愛されたわんこだったと思います。


私も大地が好きでした。

小さなころから見てきたわんこです。


クールに見えて愛情に飢えていて、

人を信じたいけど、ちょっと怖い。

そんな風に感じているように見えました。


幼いのに、どこか陰のある子。

そんな印象でした。


正式にまりんママさんちの子になってから、、、、

正確には、

自分の身に異変が起きてから のブログの写真を拝見すると、

あの疑心暗鬼だった瞳はもうなくて、

愛されている自信にあふれたような・・安堵しているような・・・。


重い病はきっと大地を不安にしただろうに、

それより家族を得た安心感のほうが大きいように見えました。



8才という短い犬生ではありましたが、

無二の家族を得て、

みなさまからのご支援に支えられ、

与えられた生を懸命に全うしたすごい子だと思います。






大地がこれからも あの深く優しい瞳で ご家族を見守ってくれますように。









[PR]
by siawasesagasoh | 2018-03-06 21:46 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(2)

おはぎときなこ餅


寒くなると団子になるのは猫だけではないようで。。。










杏ちゃんおはぎ  と  ルイちゃんきなこ餅

c0264744_13531382.jpg





杏ちゃん、ルイちゃん、ふたり合わせて 「32才」!!


胴長短足のふたりは今日も元気に丸まっています。








[PR]
by siawasesagasoh | 2018-02-01 13:54 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)

「。。どうか。。よろしくお願いします」



苦しい時間も一緒に過ごしてきてくれた大事な家族が次々に逝き、

残された気持ちの やりようがなくて苦しかったけど。。。






自分の中にある苦しさと向き合ってみた時にいつも一番に想うのは、






ともちゃんのお母さんのこと。


ともちゃんのお母さんはご病気で、

それが分かったときには手の施しようがなく、

私にお電話をくださったときには「ともをよろしくお願いします」と。




お母さんが「どうかともを。。」と何度も繰り返しおっしゃっていた言葉に、

私は「分かりました。大丈夫です」としか言葉が出ませんでした。


ともちゃんは

誰とでも楽しく暮らせるような状態で譲渡した子ではありませんでした。


そんなともちゃんがもしも家族を失うことがあれば、

当然私が引き取るものと考えてもいたので、返答に迷いはありませんでしたが、

そのときのお母さんの悲痛な声が。。私から言葉を失わせました。




大事な家族が先に逝き、自分が残される苦しみと、

大事な家族を残して、自分が先に逝く苦しみとでは、

苦しみのカテゴリが全然違う。。

そう思いました。


看取れることは幸せなことなんだと

心底思ったのもこの出来事があったからです。



ともちゃんは今、

最初のご家族が見つけてくださった良縁に恵まれ、

新たなご家族との第二の犬生を豊かに歩んでいます。


ともちゃんが

再出発できるだけの勇気と

人を信じる力を持ち続けることが出来るようになったのは、

最初の里親さんと過ごした日々の絆のたまものだと思います。

そして、今の里親さんご家族の温かい愛情があってこそです。




「お母さん、ともちゃんは今も、笑顔を絶やさずに過ごせていますよ」と、

天国にいるお母さんに報告してみています。

見てくれているのなら、きっとお母さんも安心してくれているものと思いますが、

お電話を頂いたあの時のお母さんの声は、、一生忘れることはありません。





だから私は、

残される方が幸せだなんて言えないけど、

残していくよりよっぽどいい。。と思い至ります。



特に、

銀ちゃんのようにできないことがまだたくさんある子と暮らしているとなおのこと。


元気でいなくちゃ。

元気じゃない時があっても、全員を看取らなくちゃ。

それがどんなに苦しいことだとしても。






[PR]
by siawasesagasoh | 2018-02-01 13:43 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(4)

キツイ。。



多頭飼育をしていれば。。

保護活動をしていれば。。

自分より寿命の短い動物と暮らしていれば。。。



死別は避けて通れないことなのに。






高齢のわんこやにゃんこが好きで、

シニア世代の子がたくさんいればお別れが続くことも当然なのに。




今は亡きすべての子たちに会いたくて。





町を歩いていて、


「あの十字路からひょっこり出てきたら?」と想像して、


でもやっぱり出てきてくれなくて。



あきらめきれない気持ちが想像力に拍車をかけて、

「その十字路まではまだ来てなくて、でも手前まで来てたりして」

なんて、用事もないのに十字路のその先まで見に行ってしまったりして。



梅が花に出会えていて、

よんがはちに出会えていて、

まさおさんとれいこはんが仲良くしていて、

ぽちくんが走り回ったりしていて、

もじくんが大威張りしていたりして、

あの子が。。あの子も。。。


って想像していると、

本当にそんな夢のような場所があるのなら、

なぜ私はそこに行けないのかと怒りさえわいてきたりして。




「生まれ変わっておいで」って思ったり、

「私が行くまで そこで待っていてほしい」と思ったり、

毎日気持ちが行ったり来たり。








会いたくて苦しいなぁ。

苦しいほど会いたいなぁ。


今も、みんなの毛触りをこんなにはっきり覚えているのに、

会いたいなんて贅沢かなぁ。




[PR]
by siawasesagasoh | 2018-01-29 22:24 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(4)

出会いは2004年



よんくんと出会ったのは2004年6月。

まだ横浜に住んでいた時でした。


目もダメそうだし骨盤も折れている。。

そんな状態のよんくんに出会いました。


それから体のほうは徐々に回復して、

里親さん探しもずっとしていて、

そうそう、

団体に所属しているときだったので、

新規の猫の預かりさんのご希望で、

性格花丸のよんくんを預けたこともありました。

よんくんはうちのはちくんを親のように慕っていたので、

離れたさみしさから夜通し鳴き続け、

この預かり移動は白紙になったのでした。


それからも里親さん探しは続けていて、

片目のないよんくんに良縁は現れず、

私が団体を辞めるのをきっかけに家族になりました。


それからは穏やかな日々を一緒に過ごしてきました。


およそ半年くらい前から急激に体調が悪くなり、

先週金曜日、よんくんは、今は亡き大好きなはちくんの元へ旅立ちました。

c0264744_23261263.jpg
生前最後の写真です。


杏子がごはんをあげると、

いつも一番に食べに来ていたよんくん。

杏子がいつも、

山盛りに渡すかつおぶしやおやつを、

一生懸命食べるよんくん。




c0264744_23281679.jpg

若かりし日のよんくん。



片目で見る世界は、みんなの半分しかないのかな?

と、考えても仕方のないことを考えたこともあったけど、

でもきっと、半分なわけはない。

大好きなはちくんや大好きなこまちゃんと過ごした日々は、

よんくんにすべてを見せてくれていたと思いたい。


c0264744_23303335.jpg


よんくんは今、


大好きなはちくんの隣で、


安らかに眠っています。







[PR]
by siawasesagasoh | 2018-01-28 23:32 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(4)

前歯が抜けた




シニアの見習い うちの銀次郎くん。


かたいものをガブガブするのが好きで、

よくプランターや植木鉢のお皿、

ほうきの柄を威勢よく齧っておりまして・・・



前歯が2本、抜けました( ˘•ω•˘ )


c0264744_19171693.jpg
            ▲ まぬけヅラと言われました


もともと歯茎が弱っていたところに強い衝撃を与えたので、

途中から折れることなく、根元からするんと抜けました。





この前、

庭でうんちをするのに勢いよくしゃがんだら、

ぶっとい木の幹の切れ端がお尻に刺さって悶えた銀ちゃん。


銀ちゃんの

「ひぁん!!!」という声に、

耳がかなり遠いルイちゃんも「何事!?」とキョロキョロ。


気を取り直して真剣な顔でウンチングスタイルに入る銀ちゃんと、

目が見えないものだからいつまでもキョロキョロするルイの様子が

なんともおマヌケで・・・


(⌒∇⌒)って笑う銀ちゃんのお顔も歯が抜けておマヌケ・・



おマヌケすぎることがたくさん起こる楽しい我が家です。( ´艸`)




[PR]
by siawasesagasoh | 2018-01-18 12:14 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
画像一覧