カテゴリ:クロム(闘病中)( 16 )

クロムの近況です。



銀次郎逝去のお報せの際に
沢山のみなさまからお花を頂戴いたしました。
銀次郎の周りは今、色とりどりのお花に囲まれてとても華やかです。
またコメントにもたくさんのお言葉をお寄せいただき本当にありがとうございます。
少しお時間頂戴してしまいますが必ずお返事させていただきたいです。




入院中のクロムのこともご心配いただいております。
ご報告が遅くなってしまうといけないので、
先にクロムの現在の状況をお知らせさせていただきます。



先月21日に口腔内の手術を終えたクロムですが、
残念なことに1週間もしないうちに再度穴が開いてしまいました。

骨のない部分の縫合なのでくっつきにくいうえに、
舌を動かすことで縫合糸が外れてしまったそうです。

ペースト状のものなら今も口から摂取出来ているそうですが、
大きな穴をそのままにしておくわけにはいきません。

体調を整えながら再手術の時期を待っていたのですが、
11月11日予定の他の子の手術にキャンセルが出たため、
急きょクロムの再手術を行いますと、昨日10日にお電話をいただきました。


11日の今現在
病院からの電話はありませんが、
予定通りであればもう再手術が終わっているかと思います。



今回は頬の内側の皮を移植して、
縫合も糸が外に出ないよう内側に縫い込んでみるとのこと。

若いクロムなので回復は早いと思いますが、
口の中を手術するのは痛いしストレスもあると思います。


どうか今回の手術がうまくいくものでありますようにと願っているところです。



じゃりこさんが直近のクロムの写真を撮ってきてくれましたので、
近日中に必ずこちらでUPします(>_<)









・・・心身ともに
    日常から少し外れているようで思うように生活出来ず・・
     なにもかも遅れ気味で申し訳ありません。





[PR]
by siawasesagasoh | 2018-11-11 22:33 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(1)

クロムの手術が終わりました。



先ほどクロムの担当獣医さんからお電話をいただき、

口の中の整復手術が無事に終わったそうです!




ただし、

経験豊富な先生方をもってしても、

ここまでの整復手術はあまり経験がないそうで、

今後の回復とその期間についてはまったく見当がつかないそうです。


穴がまた開いてしまえば再手術もあり得ます。



また、

溶け出た右目の組織もまだ奥の方に残っていることが判明し、

今後これが問題を起こすようなことがあれば摘出手術が必要になるかもしれないそうです。



当初は先天的な口蓋裂から食べ物の残骸が入り込んで

顔面まで化膿や壊死が広がったものと考えられていましたが、

おそらく外的な衝撃が右目に加わりそこからどんどん壊死が広がり、

口腔内まで到達して上あごが脱落するに至ったのだろうとの見解でした。



以前、地域猫の現場でカラスにつつかれた仔猫たちの死体を見つけたことがあります。


カラスは仔猫の目やのど元を的確に狙って突いているため、

クロムもおそらくそうだったのだろうと思います。


どれほど長い間。。。どれほど痛かっただろう。。。。




新たに見つかった頭蓋骨の変形もそうだし、

目の組織残留もそうだし、

口の中の大きな手術もそうだし、

どれほどの試練がクロムにのしかかっていたのかを思うと、

その悲惨さとそれらを乗り越えてきているクロムの頑張りに、

さらにさらに想いが深くなります。



これからもまだ試練は続くかもしれませんが、

今は毎日近くに一緒にいてくれる人たちがいて、

応援してくれるみなさまがいて、

退院を願ってくれるパワーがあって、帰る家がある。


それらを支えに、クロムにはこれからも頑張ってもらいたいです。



今すぐに会いに行きたいけれど、

最低1週間は面会謝絶だそうです。

この間に問題が起きれば面会謝絶は更に伸びます。




1日も早くクロムが元気になりますように。


1日も早くおしゃべりクロムに会えますように。

1日も早く元気なクロムの姿をみなさまにお届けできますように。




退院の見通しはまだまったく出来ていませんが、

沢山のみなさまにご協力いただきました治療費のお陰で、

手術も済み、ゆっくり体を休めながら療養することが出来ています。


本当に本当にありがとうございます。




[PR]
by siawasesagasoh | 2018-10-21 22:41 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(1)

クロム



17日水曜日に予定されていたクロムの手術は、

別の子の緊急手術が入り、延期となりました。





17日に手術と聞いた日から緊張で、

夜中に何度も目が覚めて・・・^^;



ハラハラした時間はありましたが、

急いで手術が必要な子を優先するのは当然ですし、

クロムは手術が待てるだけの「余裕がある」ということでもあるわけで。




そして先ほど担当の獣医さんから連絡をいただき、

明日、クロムの手術を予定に入れました。とのこと。

クロムの前と後にも手術があるそうなので、

ほかの子たちの手術との兼ね合いもありますが、

時間的な調整が出来たら、クロムもやります!ということでした。







壊死のコントロールは出来ているものの、

食べたり飲んだりすることで穴に入ってしまうため、

この穴の中の膿は完璧にはコントロール出来ていないそうです。


そのために発熱があったり食欲の後退が見られたりと、

命に関わるような状況ではないものの、

健康な子のように安定した状態で過ごせているわけではないため、

前後の手術や当日のクロムの状況で最善の選択をしていただけます。



私は連絡を待つのみ。しか出来なくて・・・・。






また、

先日クロムの頭部CTを無麻酔で撮ってくださったそうで、

その際、脱落した頭蓋骨の一部以外に

奇形(変形)している部分が何か所か見つかったそうです。

なぜそうなったのか、原因は不明。


明日手術が実現したときには

麻酔をかけるので、その際にCTも撮りなおしてくださるそうです。





・・・・・一体クロムになにが起きていたんだろう・・・・





頭部の奇形(変形)の部分に関しては、

CTを撮りなおしてみない事にはなんとも言えないようですので、

先生と相談してどうするのか決めることになりそうです。










17日の手術予定のお知らせに、

お心をお寄せくださいましたみなさま

延期になったご報告が遅くなり大変申し訳ありませんでした。



明日の手術予定に関しまして、

進展があり次第、なるべく迅速にこちらにてご報告いたします!






がんばれ、クロム!

そして明日手術を受ける仲間のみんなも、がんばれー!!



[PR]
by siawasesagasoh | 2018-10-20 20:53 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(0)

クロム、手術日について。



今日午後、

クロムが入院している動物病院の先生から

来週水曜日に口蓋裂の手術をする予定だとお電話をいただきました。
(急患が入れば日程はまた変わります)





下の穴を皮膚移植で塞ぐそうです。



穴の塞がり具合や削った皮膚の肉の盛り具合を注視しつつ、

もしかしたら上の穴も塞ぐ必要があるかもしれないので、

術後もしばらく入院管理したいとのことでした。



手術を受けて術後体調が落ち着いたら、

家で予後を見ながら生活できるかな?と淡い期待をもっていましたが。。。

そういう簡単な話ではありませんでした(>_<)






まずは最初の手術がとにかくうまくいくことを願いつつ、

術後、手術個所や移植箇所がトラブルなく順調に行くことを願っています。





10月中に退院出来ることないとはっきり言われてしまったけれど^^;、

年内には退院できるといいなぁと思います!





[PR]
by siawasesagasoh | 2018-10-12 21:56 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(1)

クロムの近況です(^-^)



7日日曜日。

またまた元の保護主Mさんがクロムのお見舞いに行ってくださって、

その様子をお知らせくださいました(^-^)





相変わらず甘えん坊でおしゃべり。

安定のクロム。(笑)


c0264744_22195836.jpg
          ▲  10月7日



c0264744_19551689.jpg
          ▲   9月30日



大きな変化は見られないような気もしますが、

なんとなく骨格がしっかりしたような?



Mさんが獣医さんから聞いてきてくれたお話では、

どうしてもごはんが穴から噴いてしまうため、

体重2キロを待たずに口蓋裂の穴を埋める手術を検討している。ということ。

その方法はもう少し検討を重ねる必要があるということ。

そして手術自体は、今入院している病院で受けることが出来るということ。



手術を受けるにあたり、

クロムにはまた大変な思いをさせてしまいますが、

普通に生きていくために、この手術はどうしても必要なこと。


大きな穴なので心配ばかりですが、せめてもの救いは、

クロムが慣れ親しんだ病院のスタッフさんの元で手術が受けられるということです。


時期や方法が決まりましたらまたこちらのブログでもご報告させていただきます!



[PR]
by siawasesagasoh | 2018-10-10 22:30 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(0)

クロムの近況と治療費のご報告



クロムの元々の保護主であるMさんが

お見舞いに行ってくださった様子を知らせてくれました☆



相変わらずの甘えん坊っぷりで、

動画では甘えてニャーニャーおしゃべりしている様子を見せてくれました。



おでこの空洞だった部分、

まだ皮が覆っていないですけど、

もうあと少し!というところまで塞がってきていますね(≧▽≦)



c0264744_19551689.jpg


お水はまだ自分では飲めないようですが、

ごはんは少し食べられるようになったとか。

足りない分はシリンジで追加してもらっているそうです。



食いしん坊な私は、

自分の口で食べる。って、

そんなに難しいことだなんて考えたこともありませんでした。




康太のお散歩中に

そこかしこから金木犀のいい香りが漂ってくると、

クロムは金木犀の香りを嗅ぐことは出来ないのかぁと

一瞬しんみりします。



でもすぐに、

あぁ でも クロムは

失ったものをわざわざ数えたりしないんだろうな。

と思います。

クロムはポジティブにゃんこだし。






鼻腔の肉も盛り上がってきたら、

ちゃんと鼻の穴として機能するように整復を考えてくれるそうです。






もうしばらくの入院生活が楽しいものでありますように。




===================


クロムの治療費のご協力をお願いさせていただいています。

10月1日現在までの詳細をご報告いたします。



9月6日まで
クロム治療費 計495,000円

9月10日 Aさま 20,000円
9月10日 Iさま 30,000円
9月10日 Iさま 5,000円
9月11日 Oさま 20,000円
9月13日 Aさま 10,000円
9月15日 Kさま 5,000円
9月20日 Yさま 20,000円
9月25日 Sさま 5,000円
10月1日 Aさま 10,000円
     Kさま 20,000円
     保護主Mさん経由Nさま 5,000円
     保護主Mさん経由Tちゃんさま 5,000円

10月1日現在 クロム治療費 計650,000円 



沢山の温かいご協力をいただき誠にありがとうございます。
クロムも安心して治療に臨めていますし私も大変心強く思っております。

鼻の整復手術と口蓋裂手術はやってみなければ金額が確定しないようですが、
間もなく2ヶ月間になろうとしている入院費や
投薬やチューブ処置などの治療費については、
これまでお寄せいただきました治療費で十分足ります。

クロムに生きる道を拓いてくださいまして本当にありがとうございます。

クロムにお寄せいただいた治療費は、
退院できるその日まで、クロムに代わり大切に大切にお預かりいたします。



[PR]
by siawasesagasoh | 2018-10-01 20:24 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(2)

クロムの様子と今後



Chieさんがクロムの様子を見てきてくれました!




肉がいい感じに盛り上がって、

もう完全に脳は見えなくなりました\(^o^)/



c0264744_14214373.jpg

ちょっとボロボロに見えますが・・^^;

自分でお顔を洗うことが出来ないので仕方がないですね。



ミルクはシリンジでゴクゴク飲んでくれているそうです。

ただ鼻腔の穴からちょっとはこぼれてきてしまうようで、

それも、口腔内と鼻腔が貫通しているのだから仕方がないですね。


命が危ないという状況だったことを考えれば、

多少ミルクが穴から溢れてしまうのは許容範囲だと思います!




c0264744_14253304.jpg
            ▲早くカラーをとって自由の身になりたいじょっ




翌日獣医さんに連絡をさせていただき、

退院の時期についてのご相談をさせていただきました。



私としては、

もう食べる練習というところまで来れているのであれば、

手術できるようになるまでの期間をうちで。。と思っていたのですが、
(前回お見舞いの際には頻回給餌が出来れば退院も可能とのことだったので)

予定が変更になりまして・・・




現時点での退院は不可。

おでこの肉がもっと盛り上がって

完全に塞がった時点で口蓋裂の手術の時期を検討。

その手術を実施したあと、術後の容体が安定したのを確認してから退院。


と決まりました。



クロムの回復次第で決まっていくことばかりなので、

手術の時期、退院の時期についてはまだ未定で予測もたっていませんが、

手術までの期間を一旦退院して。というのは見送りとなりました。



これはやはり、鼻腔の穴からミルクが溢れてしまうことがあると思います。

ミルクなどの残留物が鼻に詰まるとまた内部で化膿してしまうかもしれませんので、

口蓋裂の手術が終わるまでは退院せずに病院で完全管理してもらうほうが安心です。



また、口蓋裂の穴が大きく、

腐って崩れ落ちているために裂け目が不規則で、
(一般的な口蓋裂は綺麗な裂け口をしていることがほとんどです)

どんな方法なら完璧に塞ぐことが出来るのかこれから検討しなければならないため、

費用についても「やってみなければ決められない」とのことでした。





今週にも迎えに行くぞ!とやる気満々だったので、

ちょっと残念ではありますが、

クロムにとってのベストが今の選択なのだと思います。



また折に触れてお見舞いをさせてもらいながら、

その回復と成長を見守りつつ、

手術に向けて頑張るクロムを応援していきます!







[PR]
by siawasesagasoh | 2018-09-24 14:39 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(0)

クロムの近況です。


16日(日)

クロムの元の保護主さんたちがお見舞いに行ってきてくれました。

クロムの様子をお知らせくださったので

このブログでもみなさまにご報告です(^-^)





相変わらず動画のアップ方法がよく分からず・・・すみません(>_<)





今病院で、口から物を食べるという練習をしているクロちゃん。

看護師さんや先生にも可愛がっていただいているようで、

ますます人が好きなにゃんこに成長中です!



c0264744_21315670.jpg


脱落してしまった頭蓋骨部分には

新しい肉が覆ってきたように見えます。

クロムにとってもとても良い過程ではあるのですが、

肉が丸見えの状態ともいえる段階です。

こちらのブログはお子さんが見てくれていることもありますし、

痛々しいとお感じになる方もいるかもしれませんので

写真は一部加工させていただきました。




先日お見舞いに行ったときに獣医さんに、

壊死して脱落した肉や皮膚でも再生は可能なのか。を質問させていただきました。

回答は「可能性は十分にある」とのことでした。


幼くして大変なハンデを背負ったクロムですが、

若いからこそ回復の力もすごいのかもしれません。

肉が再生されて盛り上がってきたので、

以前のように、脳が露出しているのが見てわかる状態 ではありません。


肉が完全に盛り上がった後に皮膚までも再生してくれるのかはまだ分かりませんが、

もし皮膚も再生してくれたら、

おでこの骨が無くなってしまった部分は手術せずにそのままでいけそうです!

肉が盛り上がり、皮膚で覆われたとして・・・

毛まで生えてくれるのかは全然分かりませんが、

おでこが剥げていて生活に困ることはほとんどないのでハゲでも良し。

でも毛がふっさりしたらイケメン間違いなし。( ´艸`)


c0264744_21313640.jpg
              ▲ 元の保護主Mさんとクロム



血と膿でボロボロだったクロムを、

なんの躊躇もなく抱きしめて離さなかったMさんです。



本当にクロムは、

生れ落ちてからすぐにケガ?病?で、

大変な苦痛と苦労をしてきてしまったけれど、

クロムがこれまで出会った人たちはみんな本当に素晴らしくて、

クロム自身の頑張りはもちろんありましたが、

猫の神さまはクロムを見捨てずにいてくれたように思います。



c0264744_21311734.jpg
       ▲ Mさんの息子さんのHさんとクロム




クロムは本当に人が好きだと思います。

女性も男性も子供も。





この先、

治療の目途がついて、

クロムが生きるのに困らない状況にまでなったとき、

それでも多少のハンデはあるのかもしれないけど・・・

そういうのも丸ごと含めて

それはクロムの個性で、そんなことよりクロムのことが好き。

と言ってくれる人と共に生きられることになったら、

クロムの猫生はより輝くものになるんだろうなとワクワクします。


と、同時に


大人になった猫の里親さん決定率は高くはないし、

ましてハンデを背負った子の譲渡は簡単ではないことも知っています。




クロムがどんなに良い子でも、

クロムを迎えたいと言ってくれる人がいるとは限りません。


それはクロムに限らずどの保護猫も同じこと。


それでも願わずにはいられません。




ひとりで痛みに耐えて、

これだけ痛い治療を頑張ってきて、

痛いこといっぱいされてもそれでも人が好きで、

決して生きることをあきらめなかったクロムに、

「 絶対、クロムを望んでくれる人がいるよ!

   待っていてくれる人がいるよ!

       だから最後まで頑張ろう! 」

って言ってあげたい。


でも、約束してあげられないことや、

とりあえずの慰めのようなことは言いたくない。

だから今は

「 (私が)待っているからね 」とだけ言っています。



クロムにもいつか、

「ただいま」「おかえり」

「おはよう」「おやすみ」

が言い合える家族が見つかることを願いつつ、

その未来のための今日を頑張ってもらいたいと思います。




===========

うちにクロムを連れてきてくれたダンディさんが

クロムの応援動画を作ってくださったそうです!

アップの仕方が分からないのですが

試しにURLをそのまま張り付けてみます!


===========



[PR]
by siawasesagasoh | 2018-09-20 22:10 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(2)

クロムのお見舞いに行ってきました☆



ご報告が遅くなってごめんなさい。

先日10日、クロムのお見舞いに行ってきました。



ちょうどお昼寝中だったので、

静かに先生とお話をさせてもらいました。


c0264744_18134942.jpg
前までは横になるとせんべい布団のようにぺったんこだったクロム。
今では丸みを感じれるようになりました。




先生からは、

・分かる範囲の壊死は除去できたこと。

・膿のコントロールが出来ていること。

・体重増加は横ばいではあるものの、
 お腹の寄生虫を駆除したのでこれからぐんと増える見込みがあること。

・入院当初の、重篤で生命の危機があるという状況からは脱したこと。

などを教えていただきました。




生命の危機からは脱した。。。

この言葉ほど安心できるものはありません。





壊死の進みは止まり膿のコントロールも出来た今、

最大の課題は、「自分でものを食べること」です。



右の鼻はどう見てももうダメなことは分かっていました。

残っている左の鼻がなんとか機能してくれればと希望を持っていましたが、

人間でいうところのちょうど鼻筋の真ん中から右にかけて脱落してしまったので、

残る左の鼻も、見た目に鼻の穴が残っているというだけで、

香りを嗅ぐという機能は失われてしまったそうです。


そのためにクロムは

「美味しい香り」も「食欲をそそる香り」も分からなくなってしまいました。





生後3ヶ月くらいのクロム。

母ねこから母乳は飲めていたにしても、

自力で流動食や固形物を食べたことがあるかどうかは分かりません。

うちに来てからは無理やりの強制給餌でした。

自分で物を食べるという経験があるのかどうか・・・


経験がないかもしれない上に嗅覚のないクロムにとって、

自分でものを食べるということはかなり難しいかもしれません。


お腹が空いたり、お腹がいっぱいになる感覚は分かるけれど、

「食べる」という概念が今のところないようです。



でも食べて大きくならなくちゃ、手術も受けられません。



頑張ろうね、クロム。







先生と話し合った結果、

分かったことと今後の方針と目標。


★自分で食べられるようになることがベスト。

★体重2キロを目指すこと。
 2キロになれば胃ろうも入れられるし口蓋裂の手術も可能になるとのこと

★食べられるようにならなければ1日6~7回の強制給餌になること。

★自力で肉が再生すれば
 顔中に空いた穴を塞ぐ手術は受けなくてもいいかもしれないこと。



道のりは長いかもしれないけれど、

生きていられる間は   時間がある!




まだ若いクロムの今後に不安がないわけではないですが、

「命の危機は脱した」のがなによりですっ






帰り際に寝ぼけ眼で少し起きたクロム。

c0264744_18363986.jpg
      ▲ あれ?知ってるよーな。。知らないよーな。。。。



なにがなんだか分からないようです。( ´艸`)




取り急ぎのご報告となりましたが、

クロムは元気で過ごせていました!






[PR]
by siawasesagasoh | 2018-09-15 18:38 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(2)

入院中クロムの様子


クロムの保護主MさんとChieさんが

連日でクロムのお見舞いに行ってくれて、

その様子をお知らせくださいました!


c0264744_19052826.jpg
        ▲ みんなが会いに来てくれて嬉しいにゃ♪




体調は

悪くはなっていないし、現状維持のようです。



今はチューブでミルクをもらっていますが、

もうそろそろ自分の口で食べようとしてもおかしくはないはずなのに、

若い看護師さんに甘えてチューブを希望しているそうで・・^^;


・・・クロム、もう立派な「男子♂」だね( ´艸`)





少し前まで生きることさえ難しい状態だったのに、

こういうことで クスリ と笑えるようになるなんて、

なんだか信じられません。



クロム治療費ご協力のお願いをさせていただいてから、

毎日のように優しいみなさまから救いの手をいただいています。

どのお便りにもクロムへの激励が綴られていて、

この想いがクロムに届いているかのような回復です。





8月31日  クロム治療費 175,000円

9月3日 Sさん 30,000円
9月3日 Sさん 30,000円
9月3日 Sさん 20,000円
9月4日 l.hさん 20,000円
9月5日 Kさん 10,000円
9月5日 Sさん 30,000円
9月5日 Sさん 10,000円
9月6日 Mさん 100,000円
9月6日 Tさん 20,000円
9月6日 Yさん 30,000円
9月6日 Oさん 20,000円

9月6日現在 クロム治療費 計495,000円



6日現在でたくさんの治療費のご協力をいただいております。

本当に本当にありがとうございます。。


いまだ退院の目途はなく、

今後の手術にも多額の治療費がかかるため、

大変申し訳ありませんがご協力のお願いは引き続きさせていただきたく思っています。





クロムに普通に生きてほしいがゆえに自分の手に余ることをしようとして、

ほかの方にご協力を募るのは自分勝手ではないかと悩むこともありますが、

どんな苦境に立たされようとも生きることをやめようとはしなかったクロムに、

カリカリの美味しさや水を飲んだ時の爽快感や、

風が気持ちいいことや陽だまりの温かさを感じてもらいたいです。

人の手は優しいことや、一緒に眠る布団は最高なこと。。

特別じゃない、ごくごく普通の、ごくごく当たり前の暮らしを、

クロムにも。。と願うことをあきらめられませんでした。


図々しいお願いばかりですみません。

もう少しクロム治療費のお願いを続けさせてください。



今週か来週にも病院に行って、

先生に今後の治療方法とその費用の概算をお尋ねしてこようと思っております。

その際に可能であればその日時点の精算もさせていただこうと思っています。




c0264744_20395860.jpg
        ▲ 応援してくれて、ありがとうございます。
                必ず杏組に帰ります!















[PR]
by siawasesagasoh | 2018-09-09 20:42 | クロム(闘病中) | Trackback | Comments(4)

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh