2013年 08月 05日 ( 1 )

うちの子、まさおさん☆


まさおさん、食べません。。。(>_<)

手を変え品を変え食べられそうなものをあげてみるのですが、

「いらね」って感じです。





c0264744_13545218.jpg




c0264744_13555649.jpg




すっかり小さくなってしまったまさおさん。


骨ばった背中を撫でながら、

くぼんだ眉間に続くおでこを撫でながら、

これからのこと、これまでのこと 色んなことを想う。



いわゆる「まさおさんおっちゃん期」から暮らし始めた私たちの歴史は時深くないけど、

この10年、本当に色々な想いや時間を共有してきました。


ときに、犬と人として。

ときに、命ある者同士として。

ときに、生きる上での大先輩(まさが)として。






体がちぎれそうなほど悔しい思いを抱えた夜、

こんなに苦しいならもうやめたい!やりたくない!と投げやりになっているとき、

まさおさんはただそこにいて、静かに夜が明けるのを待っていて、

その静けさと荘厳さに、

「悔しがってる暇があるなら静かに考えろ。そして動け。」

そう言われてる気がして、

例え結果が同じでも考え方を変えるだけで

その後を切り開けることがあるということを知りました。





なにをどうしたらいいのか考え過ぎて眠れない日々、

寝不足で考えられず、考え過ぎて眠れず、

運よく眠れてもすぐに目が覚めてしまう月日の中で、

まさおさんはただただ優しい寝息をたてて夜を過ごし、

日が昇れば「今日が始まった!」と喜ぶ。


その姿から、

「明日がんばるために、今日は寝る。
 今日寝たら、明日がんばれて、もしかしたらなにかが変わるかも!」


と思えるようになった。



シンプルだけど大事なこと。

それを私に教えてくれたのは まさおさん。


c0264744_14194661.jpg






動物の保護活動に携わるようになってから約10年、

眠ったり食べたりすることをつい後回しにしてきてしまったけれど、

自分が保護している犬猫や、まさおさんの介護、そして家族のためにも、

私が健康でいなくちゃいけないし、会話をしているとまさおさんが起きてしまうので、

最近、夜12時を過ぎたら携帯を音消しにさせてもらっています。

深夜早朝の電話に対応できず、ごめんなさい。

メールは(気付けば)対応させていただいています。






c0264744_14332521.jpg



「杏」の代わりはいくらでもいるけど、

まさおさんの家族は私たちしかいない。

それを肝に銘じて日々を過ごしています。
[PR]
by siawasesagasoh | 2013-08-05 13:51 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(5)

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
画像一覧
更新通知を受け取る