銀ちゃんにさらなる異変



うちの銀ちゃん。



前回の通院でお薬をもらって、

銀ちゃんにストレスがかかるような積極的な検査や治療はやめようと決めました。



c0264744_22523033.jpg


ところが数日後。。。

今度は足の付け根、前胸部に、目で見ても分かるくらいの大きなコブが。。。

触ってみると、それはパンパンに硬く、野球ボールくらいありました。

3日前くらいに病院に受診したときにはなかったコブでした。




数日で薬が切れることからも、獣医さんと相談して、

通院日までにコブが小さくならないようなら再度銀ちゃんを動物病院へとなり、

通院日当日もコブの大きさは変わらずで

再度受診して細胞診とエコーを受けてきました。



結果は・・・・不明。



エコーで分かったことは、

このコブは血管も巻き込んでいるということ。

液体だけならば黒く映るだけのはずの画像に

なにか白いものが写っているということ。



細胞診の顕微鏡では、コブの中身は血液とその他の分泌物ということ。


癌に繋がるようなモノは今のところ見られなかったのですが、

採取したのは針の届く範囲の分泌物で、

このコブの中の、針が届かない場所になにかある可能性は否めないとのこと。


前回の血液検査でも癌の可能性は指摘されていました。


c0264744_22530802.jpg
            ▲ 前胸部のコブ






不思議なことに、

前胸部の巨大なコブが出来てからは、

前足のむくみはすっかり取れました。



このコブ自体は邪魔ではあるようですが、

痛みはあまりないようで、

獣医さんも首をかしげるばかり。






とりあえず前回処方された薬で日常生活のほうは改善があったので、

利尿剤だけやめて、抗生剤と胃薬とステロイドだけ継続となりました。



次の通院日は明日。木曜日。



前回の診察の際に、

「次回はコブの大きさを重視してみましょう」ということだったのですが、

コブはあきらかに大きくなっていて・・・。



でももう通院は、銀ちゃんの気持ちが限界のようなので、

明日は銀ちゃんは病院はお休みして、

コブの画像だけお見せして今後の薬のことを検討してもらえないかと、

相談してみようと思います。





銀ちゃん自身は以前のように、

ごはんはバキューム食いだし、

おやつもモリモリ食べていて、うんちもツヤツヤです。




食べているので体重に大きな変化はありませんが、

なんとなく細くなりました。

健康時16.5キロだったのが、

足のむくみが出てからはずっと14.5キロです。

毛艶も悪く、毛先がくりんくりんです。



でもよく笑っています。





よく笑っている・・・・この事実が今はなによりありがたい。






銀ちゃん、銀ちゃん。

今まで駆け足で生きてきたんだから、

そろそろちょっと ゆっくりしようよ。





[PR]
トラックバックURL : https://aumehanamg.exblog.jp/tb/29788851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tare at 2018-10-11 13:08 x
銀ちゃんが、杏さんちの家族になってから、
お外に出る事が出来なかった銀ちゃんが、自然とお庭に出ていて、
フェンスの向こうをジーッと眺める写真がありましたよね?
もりもり涙が溢れたことを思い出します。
なんと言ったらいいか分からんけど、銀ちゃんの背中がものすごい安心しているのを感じました。
銀ちゃん、銀ちゃん、
ゆっくり日向ぼっこしよ♪いい季節になってきたよ(*^_^*)
Commented at 2018-10-11 15:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by siawasesagasoh | 2018-10-09 22:37 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(2)

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
画像一覧