ちょっと困った顔=まじめ顔




右京のちょっと困った顔は、右京のまじめな顔!(笑)


旦那は右京を見て

「すごくいい顔をしている!ザ・犬!って感じ!」と絶賛しています。


褒められているときの右京のお顔は、、、、まじめ顔!(笑)



根っからのまじめさがお顔に表れています。

c0264744_17465854.jpg
            ▲ こー見えてぼくは今、ほほ笑んでいます。   ほんとだよ?



この写真の撮影は少し前です。

右京くん、まじめなお顔をして、

今は里親さんのもとでパラダイスな生活をしているはなちゃん(咲ちゃん)のしっぽをがっつり踏んでいます


右京が怒らない子だから、みんなも怒りません。


良い子のまんま、良い子に育ったね、うーちゃん。




本当に良い子で言うことないんだけど。。。

お散歩のとき、道草食うの(本当に食べる方の道草食い)、

目にもとまらぬ速さで、何食わぬ顔して食べるのだけ、やめようね(^-^;



歩く歩調もそのままに、さらっと草を千切って食しています。

あまりに無駄のない動きで、いつも してやられます(´・ω・`)


c0264744_17561721.png


[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-25 17:56 | 右京(決定) | Trackback | Comments(0)

写真で伝わるもの。



右京が持つ優しさとか、

右京が持つ懐の深さとか、

言葉でどう表現すればいいのか分からない。



私のつたない言葉では伝えきれないし、

かといって何度も言うと少し大げさに感じるかも?



それならばもう、写真で感じていただくしかない!となりました( ´艸`)






                      うつらうつらしながら見ていたテレビを阻止された右京。
c0264744_14231072.jpg











                         ふいに差し出された手に、優しさで応える右京
c0264744_14242028.jpg





くっはーーーーーっ  悶絶級にカワイイ・・・・!


c0264744_14264005.png



[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-24 14:27 | 右京(決定) | Trackback | Comments(2)

まだ3才


【里親さん募集中 右京 ♂ 3才】










おやつ待ち中の右京のお顔。


なかなかに貫禄のある感じだけど、実際まだ3才。

c0264744_14305990.jpg
                  ▲その手にあるお宝はもしや・・・ジャーキーさまではないですか?




その表情の中に、幼さは・・・・もう ない ( ´艸`)


c0264744_14331008.jpg
                    ▲ いつまで待てばもらえますか?・・・・・ゴキュッ


いますぐにあげまーす!(*‘∀‘)!




[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-23 14:29 | 右京(決定) | Trackback | Comments(2)

さくちゃん改めはなちゃん!



咲ちゃん改めはなちゃん♪

ありがたいことに正式譲渡になりました♪



トライアル中、

里親さまからはほぼ毎日のようにお便りを頂戴しました。



日を追うごとに表情が穏やかになっていくはなちゃん。

穏やかさと輝きが増して、満ち足りた毎日であることを物語っていました。



お届け前から体調万全という状態ではなったはなちゃんですが、

里親さんの愛情と手厚い看護のお陰でみるみる元気に!


まだ検査の結果が出ていない項目もありますが、

検査の結果が出る前に正式譲渡のお申し出のご連絡をいただきました。




私は、里親さんには全幅の信頼を寄せていましたが、

そういうこととは別に、

はなちゃんの体調次第ではこちらにお戻しいただく提案をしなければと思っていました。



はなちゃんの幸せは里親さんのもとででしかありえないけれど、

病気の可能性がある今、保護主の私にも責任があると感じたからです。




でも、そんな思いは一蹴でした。


里親さんは「病気のはなちゃん」じゃなくて、

「はなちゃん自身」だけを見てくれていたのでした。

病気があろうとなかろうと、それはおまけみたいなもので、

はなちゃんへの愛情の中では取るに足らないもので、天秤にかけるまでもなく、

保護主の私が感じる「責任」なんて、里親さんが持つ「愛情」の前では、恥ずかしいくらいにちっぽけでした。



はなちゃんに必要なのは、
はなちゃんにとって大事なのは、
私の「責任」じゃなくて、里親さんの「愛情」。


保護活動を通して、
愛情が持つ力の大きさに触れていたのに、
いつのまにか、知ったつもりになっていました。

私が勝手に思い込んだ「保護主の責任を全うしたい」がために、
はなちゃんがようやくつかんだ本当の幸せを揺るがしてしまう発言をするところでした。


はなちゃんのゆるぎない幸せに拍手を送りつつ、保護主としては 襟を正さねば!











                         里親さまよりいただいたお写真↓
c0264744_14145329.jpg


はなちゃん、トライアル終了です!


っていうのも、ちょっと違和感。




はなちゃん、お家に帰りました!

が、しっくりきます。


そんなご縁です(*^-^*)


c0264744_14160474.png




[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-22 13:52 | 咲ちゃん(決定!) | Trackback | Comments(0)

太郎くん、お届け報告




里親さん決定の太郎。


木更津で過ごす最後の夜。


c0264744_13345183.jpg
しんみりすることもなく、いつも通り♪


2才の太郎、3才の右京、12才の銀次郎くんとで、お団子寝。

(杏ちゃん大先輩は特別個室(ハウス)で優雅に寝ております^m^)






20日、月曜日。

里親さん宅へGO!

先住犬ねねちゃんも待っていてくれました。

一緒にご近所にお散歩に行って、お家に戻ってお庭で散策。

お部屋で一緒に過ごしてみて、譲渡の手続きへ。。。



太郎は一貫して「太郎」で、先住わんこさんよりも堂々としているのでした。




たいていのことでは動揺しない太郎ですが、

すべての手続きが終わって私たちが帰る段になると、

察したのか、寂し気に鳴いていました。



どんなにメンタルの強い子でも、

どんなにひょうひょうとして見えても、

それが新たな幸せの始まりだとしても、

「お別れ」は「お別れ」に違いなく、

犬たちの心を震わせるもの。




出会いは多いほうがいいけれど、

お別れは少ないほうがいい。


これが太郎にとって最後の辛抱になるようにと願いながらお家をあとにしました。





とはいえ、

先住わんちゃんの気持ちもありますから、

犬たちの気持ちを最優先した結果トライアルが不調に終わることもあるかもしれません。

それはそれで仕方のないことで、長い目で見れば間違った決断ではないと思います。





みんなが幸せに暮らせますように!




             2017.2.20 太郎 トライアルスタート

c0264744_13494855.png


[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-20 13:33 | 太郎(決定):紅/幹次(決定) | Trackback | Comments(0)

あくび



いっぱい寝たけど、まだ眠い右京。

大きなあくび。

c0264744_14574669.jpg

右京のあくびを、

目を細めて見ていてくれるようなご家族に出会えるといいなぁ。




お見合いにいらしたご家族さまにたまに言われるのですが、

「ここ(杏組)にいたほうが、幸せかもしれない」と。



うちは確かにほかにも犬がいて楽しそうにも見えるし、

庭も自由に使えるし、室内もどこでも好きなところで過ごせるので、

一見とても楽しそうに自由に過ごせているように感じるかもしれません。


だけどそんなものよりも犬たちは、

「家族」を求めているように思います。



うちの犬と同じように・・時には保護犬が優先で、

惜しみない愛情を注いでいるつもりでも、

本当の家族がくれる安心感には到底かないません。


どんなにおっとりした(鈍感な)子でも心の奥底はとても繊細で、

家族なのかそうじゃないのかは分かっているように思います。



右京のように

自分が我慢することがさも当たり前のようになっている子は特に、

絶対的な安心感に包まれながら、あるがままに生きてほしいなと願わずにはいられません。



もちろん、希望していただけるならどなたにでも譲渡するということもありませんが、

右京にも早く、同じ名字の人が出来るといいなぁと思います。




改めまして右京の最新のプロフィールをご紹介します。



3歳 オス(去勢済) 18キロ

心優しきこわもてわんこ。

見た目のゴッツさとは裏腹に、
とても柔軟な心の持ち主で、
年相応の落ち着きと元気さを持っています。

お散歩では熱心に道草を食いながら(まさに葉っぱを食す!)、
情報収集に余念がありません。

匂いチェックに夢中になるとリードを引くこともありますが、
基本的には女性でも楽にお散歩できます。


夜はお布団の主です。
(ケージで過ごすこともできます)

無駄吠えはほとんどありません。
警戒して吠えても止めれば即座にやめます。
とっても素直で人の言葉によく耳を傾けてくれる子です。

ほかの犬や猫、小さな子供との共生も可能です。
どんなにしつこくされても声を荒げているのを聞いたことがありません。

※ただし、右京は黙って必要以上に我慢することがあるので、
右京が許してくれるからと任せっきりにしてしまうと右京の負担が増えてしまうと思います。
右京が引いてくれたり我慢してくれた時には褒めてあげてほしいなと思います。
褒められるのが大好きです。


先輩わんこには素直に従い、後輩わんこには寛大に接してくれる根の良い子です。
初めて犬を飼育される方や、多頭飼育を検討の方にもお勧めできる子かと思います。

オスで強面、中型以上ですと、外飼育を希望されることがありますが、
家族のそばで過ごすのを一番の幸せと感じている子ですので、
室内で一緒に過ごさせてくださる方からのお問い合わせをお待ちしています。

c0264744_15222736.png


[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-13 15:23 | 右京(決定) | Trackback | Comments(0)

足元注意はお互いさま♪


■ 本日記事 4本目UP! お時間あったらほかの記事も見てください♪ ■






杏子ちゃんは生まれた時から犬がいるのが当たり前なので、

自分より大きな犬も怖くありません。


※外で会う小さなわんこには遠慮がち(笑)




でも怖くないからといっても、

無防備すぎやしないかな?と思う今日この頃。


c0264744_14595418.jpg



髪の毛とか二の腕の肉をちょっとだけ踏まれたりとか、けっこう地味に痛いのに。

勇気のある娘っこ。




犬たちはなるべく杏子を踏まないようにしてくれているけど、

4本も足があるからついうっかりももちろんあります。


杏子は踏まれると怒るか笑うかしています。

犬たちも踏むと逃げるか笑ってごまかすかしています。




杏子だって犬を踏んでしまうことがあるのだから、

犬だって杏子を踏んでしまうことだってある♪ お互いさま♪





[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-12 15:06 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(2)

コウモリ事件


保護している人なれしていない猫にごはんをあげるため、

大母が専用部屋に入る。


少しして、声にならない声で叫んでいるのが聞こえた。



聞こえはしたけど、

こういうときって本当にとんでもないことが起きているので、

私の本能が危険を察知して無視する方向を選んでしまった。


とりあえず、大母のいる部屋に続くドアを閉めてしまった。無意識に。でも迅速に。



間もなく大母が血相をかえてやってきて、

「とりあえず見に行ってこい」と。


こういうとき「NO」という選択肢は与えられていない。





私はてっきり人なれしていない猫がケージから飛び出してしまった(かなりのデンジャーにゃんこ)のかと

恐る恐る見に行くと。。




猫はハウスにいる。
(今にもとびかかる勢いで怒ってはいるけど、無事)






なにか、馴染みのない気配を感じて振り向くと、


床に這いつくばる黒い影。






ん?

杏子ちゃんのモンチッチ???



は?

杏子ちゃん、モンチッチなんて持ってない。



え?

じゃあなに?このふわふわした感じのぺったんこのものは?




怖いけど、近くで見てみる。。










。。。。。。。。。。。。。。。。。


。。。。。。。。。。




    Σ(゚Д゚)

コウモリよね!?

蝙蝠と書いてコウモリ!



c0264744_14350872.jpg



大パニ~~~~ック!




お隣さんに虫を捕る網を持っていないか聞きに行ったら ない! と(;゚Д゚)

家に戻るとお隣さんからラインでコウモリの嫌いな超音波のURLが届いて、

試してみるも。。。。あかーん(´・ω・`)



もうもう。。。

窓を全開にしていても出ていてってくれず、

ねこも寒いだろうに長時間開けっ放しには出来ず。。


コウモリもビュンビュン飛ぶわ、隙間をぬって出たり入ったり、、、

右や左や、上や下やの大騒ぎ。



どの部屋にも犬か猫かはいるのにそんな飛んでると捕らわれるっ(>_<)!







結局、大母に段ボールを託し、外に出してくんろ。と拝み倒しました。


大母がひとり寒い廊下でコウモリ相手に

ワーーーー!だの、ギャーーーー!だの叫んでいる間、

私は杏子ちゃんを抱え、犬たちを庭に出し、閉め切ったリビングでひとり、

大母の絶叫がツボにハマり、腹を抱えて笑うのでした。





そうこうしているうちに大母がリビングにやってきて、

「生きたまま外に出してくれたの?」と聞く私に

開口一番

「出したわっ この役立たずが!!!!」とぶった切られました。



。。。確かに(*‘∀‘)




段ボールごと庭の奥の駐車場に置かれたコウモリは無事、

数時間後には空へかえっていきました。



大母、功労賞。


お隣さんに無事外に出せたことを連絡すると、

「うちに大きな蛾や蝶々が入ってきたらよろしく」と言われたので、

「いつでもうちの大母に連絡してください」と返信しておきました。






。。。あぁ、びっくりした。




ちなみに私、昔、夕方の犬の散歩中に肩にコウモリが激突してきたことがあります。

ぶつかって地面に落ちたあとヨタヨタしていたけど無事に飛んで行ったあのコウモリは今も元気なのかな。




[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-12 14:48 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(6)

右京と杏子、眺める向こうに見えるのは。。




朝起きて、杏子(娘)に着替えを勧めるが、あえなく断られる。



杏子にとって大事なのは着替えより寝ぐせよりパンパンのおむつより、

右京が今 何を見ているのかということ。


c0264744_14074978.jpg
              杏子:うっきょ!うっきょ!    右京:杏子、おむつを替えるんだ



なーんて会話はないけれど、

杏子ちゃん、右京はね、宅急便のおじちゃんを見ているのだよ。

とりあえずそのパンパンなおむつ、替えましょう。




c0264744_14111099.jpg
               杏子:いやいやいやいやいや。   右京:・・・・・・。
            


女の不機嫌と幼児のイヤイヤ期にはどうすべきかを知っていそうな右京。(笑)

素知らぬ顔で黙って時が過ぎるのを待ちます(*'ω'*)  うーちゃん、それ正解!





なににつけても広い心で受け止めてくれる右京です。





[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-12 14:18 | 右京(決定) | Trackback | Comments(2)

幸せに向かってジャンプ☆!



2月8日


よく晴れた水曜日。


咲ちゃんは「はなちゃん」として第二の犬生を歩み始めましたっ


現在トライアル4日目。

里親さんからほのぼのしたお便りをいただいています。

はなちゃんの犬生、今は 地固めの時。

トライアル2週間をかけて、本当の家族の絆を結んでいきます。





はなちゃんは千葉で捕獲されたシニア犬には珍しく、

フィラリアも陰性で、

避妊手術もしてありました。


人に対する慣れ方や室内生活の過ごし方も、

きっと大切に飼われていたのではと思います。



はなちゃんがセンターに収容されることになった経緯や、

センターでの公示期間に飼い主さんが迎えに来てくれなかったこと。

どうしてなのかは分かりません。知る術もありません。



確かなのは

今 はなちゃんは穏やかに家族のそばで生きているということ。

c0264744_13405620.jpg

「穏やかで優しく、それでいて強い」

お見合いのときの里親さんの印象です。

はなちゃんと重なりました。

まとう空気から同じ匂いがする気がしました。





はなちゃんと里親さんの新たな毎日が、笑顔あふれるものでありますように。。。。!



これまではなちゃんをご支援、応援してくださったみなさま、ありがとうございました!

c0264744_13542057.png



                  平成29年2月8日 咲ちゃん トライアルスタート








[PR]

by siawasesagasoh | 2017-02-12 13:55 | 咲ちゃん(決定!) | Trackback | Comments(0)