幸せ探し 杏組

aumehanamg.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

久しぶりの更新です。



とっても久しぶりの更新になってしまいました(>_<)


ブログをお休みしている間に、本当にいろいろなことがありました。

なにからご報告すればいいのかさえちょっと迷ってしまうほどに。





7月16日

大事な大事な家族である梅が亡くなりました。

14才。腎不全でした。


姉妹である花ちゃんの死去から四十九日目の朝のことです。



亡くなる1週間ほど前から食べ物を受け付けられなくなり、

亡くなる前の日には自力で立つこともできなくて、

「もう頑張らなくていいよ。
  花ちゃん、そろそろ梅ちゃんが限界だから迎えに来てあげて」

という状態になりました。


その梅が、

亡くなる直前に自力で立ち上がり、

いつも花と一緒にお散歩をした裏の田んぼのほうを目指そうとしたそうです。

そのままくっと体が震え、大母の見守る中、苦しまずにす~っと逝ったそうです。


裏の田んぼのほうから花が迎えに来てくれたのかな?



その時私はといえば、、、

同じ家の中にいながら別の部屋で強烈なこむら返りを起こしていて、

梅の旅立ちの瞬間を見送ることが出来ませんでした。


14年間ずっと一緒にいたのに、最期だけ立ち会えず、、

その理由が「こむら返り中」とは。。

おとぼけ梅ちゃんとどんくさい私の関係をそのまま表しているようで、

なんとも私たちらしいなぁという想いです。


梅ちゃんは花ちゃんと同じ火葬場でお空に昇りました。


そして今、姉妹は再び、在りし日と同じように、

ふたり並んで我が家にいます。


同じ形の骨壺の前には、

梅花が使っていた色違いの首輪と色違いのリード。そして、

いただいたお花に添えられていた暖かいメッセージたちが並びます。




ここに、花もいない。。梅もいない。。。

この喪失感はどうしようもなく、埋めようもないけれど、

家族として迎えた梅と花の「生き終わり」を、

家族として見届けられてよかったです。


梅ちゃん、たくさんのぬくもりと笑いと思い出をくれて、

本当に本当にありがとう。



命を削って梅たちを生んでくれたお母さんわんこ。

野良だった梅たちを懸命に保護して命を繋いでくれたえひめイヌ・ネコの会さん。

私たち家族(里親)と梅花姉妹(保護犬)を繋いでくれたYさん。

お散歩ともだちのみんなやお世話になった獣医さん。

梅花に想いを寄せてくださった方々に。。深く御礼申し上げます。


     梅が大好きな甥っ子、姪っ子とも沢山の時間を過ごせました。
c0264744_1319646.jpg








そして。。

梅の逝去からまだまだ立ち直れずにいた8月26日。

私が高校生のときに出会ってから

17年間を一緒に過ごした猫のもじくんも天寿を全うしました。


もじくんは私にとって偉大な猫でありました。

決して逆らうことは許されず、ちょっとでも気に入らなければ容赦なく。

冷蔵庫や食器棚の上から爪つきの鉄拳が飛んでくるのでした。


私の体に刻まれた沢山のもじの鉄拳の痕はいつしか、

「もじには逆らいません。いつまでも。」の自戒となり、

それはもじが年を取ってヨタヨタのおばあちゃんになっても変わりませんでした。


もじはピラミッドの一番上で私は一番下。

その関係が、もじと私には一番しっくりきていました。



もじは17年間で、

私の10代、20代、そして30代を見てくれました。

高校生時代を知り、卒業を見届け、就職や転職をし、

成人式を迎え、20代を保護活動に専念して、三十路の仲間入り。



こうして振り返ると

私はもじとともに成長してきたことがよく分かります。




もじくん。。

天国へいっても どうかいつまでも誇り高きもじでいてください。

でも。。

梅ちゃんや花ちゃんのこと、あんまりおちょくらないであげてね。

あのふたりは私に似て、もじには絶対逆らえないから。



今もはっきり覚えているのが、

梅と花がおやつをもらって喜んで食べているときに限って、

もじくんはものすごい近くでふたりを見ていて。

そうすると梅花は緊張のあまり動きが止まってしまっておやつが食べられない。

もじはそんなふたりの様子を少し高い所から、自分の気の済むまで見ているのだよね。

ただ見ているだけ。ただそれだけ。



15キロ超えた犬2頭が

3キロくらいの猫1頭に見つめられているだけで、

時が止まるほどの緊張感が走るって。。。。

それを見ている私まで緊張しちゃうって、、、

そんなパワーバランスが面白かった。



もじくん。

長い間女帝として君臨してくれてありがとう。







もじくんが亡くなる前日のこと。

まさおさんの息子、愁ちゃんが亡くなりました。14才。

梅花と同じ腎不全だったそうです。


保護活動の中で、

とにかくがむしゃらに進んでいくしかなかった頃に出会った犬たち。

もう亡くなってずいぶん経つ子もいれば、

ちょうどあの頃若かった子たちは今はおじいちゃんおばあちゃんです。


思い出深い時代に出会った子たちの訃報は、

一時代が終わってしまうかのような寂しさがあります。



愁ちゃん。

まさおさんやたろうやりょんやメリーさんやべっちゃんにはもう会った?











逝く命があれば産まれる命もある。





6月末に女児を出産しました。


花ちゃんとはお腹にいるときにしか会えなかったけど、

きっと今頃虹の橋で梅ともじが花やまさやれいこはんやぽっくんに、

「杏が人間の赤ちゃん連れてきたんだよ」ってお話ししてくれていることと思います。


c0264744_13585742.jpg



杏ちゃん銀ちゃん

 妹だよ。

これからよろしくね。
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-08-29 14:00 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(19)
line

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31