5月8日 ぽちくん




2014年、

天国へ逝ったぽちくん。


お花をちょうだいしました。


c0264744_13593356.jpg


東京都Sさん ありがとうございます。

また、高知県のYさんからもお花を頂戴しました。

千葉市ののらさんからお菓子をいただいたのでぽちくんにもおすそ分け。






ぽちとの出会いは2012年木更津。

とぼとぼ歩いているのを見かけて、

車のドアを開けたら自ら勢いよく乗ってきました。



拾得物届けを出すのにお巡りさんたちがうちまで来ました。





私が Aお巡りさんに促されて拾得物の書類を書いている間に、

庭先にいたぽちをパトカーに乗せようとしたBお巡りさん。



* Bお巡りさんは、Aお巡りさんとは別に車を持ってきていたので、

 その車に乗せて連れて行くものだと思っていたのかもしれません。



抵抗するぽちと格闘するBお巡りさんに、Cお巡りさんも参戦。




ここでやっと書き物が終わり、

なにが起きているのが気づきました。

必死で抵抗するポチの首輪は今にも抜けそう。

しかもとっても嫌がっている。


「あぁ!すみませんっ 連れて行かないでください!うちで保護するんです!」


確かお巡りさんたちにこう言ったのだと思います。



お巡りさんたちは、

20キロオーバーの暴れるオス犬を私に託すことに対して心配そうでした。

でも連れて帰らなくていいことに、どこかホッとした面持ちのようにも見えました。




帰り際、BかCのお巡りさんがポチに、

「怖がらせてごめんな」と話しかけながら頭をなでようとして、

ぽちは思いっきり首をつめて、触らないで。。と言っていました。





怖い思いをさせてしまったから、

警戒心が強くなってしまったかも。。。と、

抵抗していたポチを見た私もちょっとびくびく。



ゆっくり近づくと、ぽちから寄ってきてくれました。

「最初に私がお巡りさんに

  保護するから連れて行かなくていいって言っておけばよかったね」

と言うと、ポチは尻尾を振って、大きな頭を私の胸にうずめたのでした。



それからがポチとの短くも濃い歴史の始まり。




結局飼い主さんが現れることはなく、

保管期限も過ぎて、ぽちは正式に私の所有となりました。


里親さん募集を開始。

色んな里親会に出かけましたがご縁はなく。

その後、ぽちの腎不全が判明して、私たちは正式に家族になりました。


ポチ太郎 ストーリー




私たち家族以外に、

こうしてぽちの命日にぽちに想いを寄せてくださる方がいてくれることは、

これは永遠に変わらないぽちの財産であり、私たち家族の宝物でもあります。


c0264744_14262674.jpg

           保護時(2012年)

c0264744_14265234.jpg

           晩年(2014年)





ポチくん。

私はまだまだぽちくんに会いたくて泣いてしまう日もあるけど、

いつか「私もあれからけっこう頑張ったよ~!」ってぽちに報告できるように、

ぽちのいない毎日だけれど、1日1日を大切に過ごしていこうと思う。

ぽちがそうして生きてきたように、まっすぐにね。
[PR]

by siawasesagasoh | 2015-05-08 13:56 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(0)

お花のお礼




ポチくんの旅立ちから今日まで、

全国からたくさんのお花をいただきました。



ポチのいたリビングは良い香りに包まれ、

白や黄色やピンク、緑やオレンジ、色とりどりです。

c0264744_14181086.jpg


c0264744_1418222.jpg


c0264744_14183263.jpg




保護活動をしていると老齢の子も重い病の子も多く、

毎年のようにどの子かを送り出している我が家ですので、

お花をいただくことを辞退するべきなのかもしれません・・・・が、

私に送られた花ではなくて、

その子を偲んでくださってのお気持ち、、、と思うので、

ありがたく頂戴して、祭壇に供えさせてもらっています。





「いただいたお花を供える」

これが、私が飼い主として ポチに出来る最期のこと。


締めくくりです。






c0264744_1420269.jpg


c0264744_14204066.jpg


c0264744_14205276.jpg




ポチが亡くなった2日後。。。。

ポチのことを可愛がってくださっていたご近所のおばあさんが、

長い闘病の末にお亡くなりになりました。



れいこはんの介護のときにも、

留守の時には手助けしてくださって、

このおばあさんの協力なくして、

れいこはん介護中に保護出来た子たちの幸せはなかったかもしれません。




ポチはお庭で過ごす時間が多かったから、

私の知らないふたり(おばあさんとポチ)の時間もあったと思います。



私が仕事から帰ると、

ポチとフェンス越しになにかを語らっていたこともよくありました。




私の知らない「人と犬。ご近所なかまの絆」が、、、、あったと思います。





生まれたからには死ぬ。



これは自然の摂理で、

残された者はなんとか現実を受け入れて生きていくしかない・・・



。。。。。。だけど。。。。。





おばあちゃんとポチが フェンス越しになにか語らっているその光景が。。。


私はどうしてもまた見たいのです。




ふたりに元気よく 「 ただいまー! 」って言って、


おばあちゃんが 「 おかえり。今日は暑かったね。 」って言ってくれて、


その脇でポチがパタパタしっぽを振る。。。



そんな平凡な日々を取り戻したい。。。と、もがいてしまいます。
[PR]

by siawasesagasoh | 2014-05-15 14:36 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(4)

ポチくん、ありがとう。



先月6日。

末期の腎不全と診断され、

獣医さんも「どうして生きているのか。。」と驚きの数値(血液検査)だったポチくん。





余命3日と言われてから1ヵ月。



ごはんも食べられるようになり、

お散歩にも行けるようになって、

「食べたーい♪」ってジャンプまでするようになって。。。



それでもついにこの日を迎えてしまいました。






ポチくん、今朝がた、亡くなりました。。







1週間ほど前から気持ち悪さを訴えるようになり、

これまで好んで食べていたものさえ、まったく食べられなくなりました。



食べたい気持ちはあるのに、匂いを嗅ぐと、気持ち悪くて顔を背ける。。。




あれこれ工夫してなんとか食べられた時期を過ぎて、

水分さえも取りたがらない時期に入り。。。



なにを差し出しても「いやだ・・・」と。





もう1度復活してほしい。。。。という願いはありつつ、

忠誠心にあふれ、私が言うこと やることに決して

NOと言わなかったポチが初めて示した NO です。



私の願いより。。。ポチの願いを聞いてあげたい。




もうムリに食べさせたり飲ませたりするのはやめて、

ポチの 食べたい気持ち が 気持ち悪さ に勝ったときにだけ、お手伝いをしていました。



あとは点滴だけが頼みの綱。







点滴だけでは。。。は、分かっていました。

食べることの大切さを痛感する1週間でした。





だんだんに弱っていったポチくん。





昨日の夕方仕事から帰り、

母とバトンタッチして過ごしたいつもの時間。




お風呂とトイレ以外、ずっとポチのそばにいました。



振り向けば必ず目が合い、

やせ細ったポチの背中をポンポンしながら、

隣どうし離れず、7時間半を過ごしました。








苦しそうに、しんどそうに、気持ち悪そうにしているポチに、


「 もう頑張らなくっていいよ。

  まさおさんやれいこはんが迎えに来たら、

  安心してついて行っていいんだよ。 」 と、伝えました。



すでに朦朧としはじめたポチが私を見て、私もポチを見ました。


この後すぐにポチは意識が混濁して、

苦しいながらに眠りにつきました。




数時間後、

ポチはいつもの場所で、いつものスタイルで、

頑張って疲れ切った体を抜けて、まさおさんたちの後をついていきました。






     2014.5.7 生前最後の写真です。

c0264744_14304535.jpg



   
  









ポチと出会ったのは、2012年11月。


朝デニ(ファミレスのモーニング)に出掛ける途中、

床屋さんの前をトボトボ歩いていたのを見つけて、後を追い、

話しかけると、足をとめて、なんの抵抗もなくうちの車に乗り込んだところから始まりました。



その後飼い主さんが見つかることはなく、

里親さんとの出会いもないまま月日が経ち、

ポチに惚れ込んだ私の願いが叶い、2014年、正式に家族になることが出来ました。




ポチはいつも、

ポチがいるサンルームのサッシの掃除をする私に付き合ってくれました。




ポチはいつも、

出先から帰る私に一番に「おかえり!」のしっぽ振り振りをくれました。




ポチはいつも、

草刈りに精を出しながら虫におびえる私を励ましてくれました。





ポチはいつも、

構って!構って!という私のしつこいアプローチを温かく受け入れてくれました。




ポチはいつも、

いつもポチは、

ただただそこにいて、無限の愛情を向けてくれました。





c0264744_14182159.jpg







本名 ポチ太郎。

あだ名 ポチ。ぴーちゃん。ぴぴちゃん。





私はいつもポチをぴぴちゃんと呼んでいました。

昭和な男ポチ。にとって、

「ぴぴちゃん」の呼び名がみんなにバレるのは照れ臭いことかもと思って、

この呼び名は家の中でだけにしていました。






ラットテールをパピパピ揺らし、

「なんかくれる?」と見上げる瞳は黄金色。



大好きなぴぴちゃん。




苦しかった時間と体から抜けて、

やっと楽になれたかなぁ。




本当はもっとずっと一緒にいたかったけど、

ぴぴちゃんが苦しいのはいやだから、

これでよかったのだ。と、自分に言い聞かせています。











ポチのことを心配してくださった多くのみなさまから

たくさんの「美味しい」を頂きました。





そのすべてを食べきる前に逝ってしまいましたが、

ポチくん この1ヵ月は毎日がご馳走で毎日がパーティーでした。




ポチの余生をたくさんのご馳走で埋め尽くしてくださったみなさまに深く感謝いたします。


本当にありがとうございました。  


                   ポチ・杏









本日火葬です。






c0264744_14273524.jpg


c0264744_14274919.jpg


c0264744_1428083.jpg


c0264744_14281038.jpg


c0264744_14295761.jpg


c0264744_14301315.jpg


c0264744_14302455.jpg


c0264744_14303473.jpg





一緒に過ごした1年と少し。

人によってはわずかばかりと感じる時間かもしれないけれど、

たしかに私たちは家族として暮らし、たしかな家族の絆を作り、

たくさんの笑顔で、たくさんの思い出を作ることが出来ました。




ポチが生まれてきてくれたこと、

ポチと出会えたこと、

ポチと家族になれたことに感謝して。。。



本当にありがとう、ぴぴちゃん。
[PR]

by siawasesagasoh | 2014-05-08 14:59 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(36)

生きるとは。ポチ太郎



今月6日に、

「余命3日。長くて1週間」と獣医さんに宣告されたうちのポチくん。







悪夢の宣告から16日目。



c0264744_14455751.jpg

            ▲  まだまだ ゆかんよ。



ポチくんo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o






獣医さんも驚愕の生命力で、日々を堪能しております♪




まったく受け付けなくなっていたごはんも、

今ではほぼ全量、もりもり♪066.gif066.gif



ごはんの準備が終わるのを、ときおりジャンプして待ってくれています。






さすがにみんなと一緒に。。は難しいけど、

お天気が良くて調子も良いときは短いけれどお散歩にも行けるくらい回復しました。



c0264744_14552930.jpg





あんまり調子が出ないときは点滴のお世話になっていますが、

クールなポチの「なんとなく調子が出ないとき」の見極めのコツが掴めたので、

大きく変化を出さずに日々を過ごせています。





c0264744_14575451.jpg





綱渡りだけれど、大事な時間。










今のぽちに、生きるとは。。。と尋ねたらきっと。。。



     「 生きるとは、   生きること。  」って、シンプル明快に答えるんだろうな。



c0264744_14592255.jpg

[PR]

by siawasesagasoh | 2014-04-22 15:02 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(18)

ポチ太郎くん



長らくブログをお休みしてしまっていました。



多くの方から私の体調を気遣うご連絡をいただきまして、、、

すみません、ありがとうございます(>_<)








ブログをお休みをしている間に、

ぽち太郎くんは正式に我が家で迎えることにしました。






ポチはとっても良い子だから、

優しくて静かで暖かい家庭に恵まれたら。。と願っていました。




自然に穏やかに老いていくポチを見ていて、

私たち家族が

「ポチにとって優しくて静かであたたかい家庭になればいい」と思い、

家族になってもらうことを決めました。






そんな矢先、

ポチに残された時間は、

余命3日。

もって1週間。

と宣告されました。










宣告から、あしたで3日。






ぽちは今日も

自分の足で、土を踏み、風をきっています。


c0264744_15312554.jpg






ガリガリになってしまったけれど、

可愛さは相変わらず。

甘えん坊で柔和なポチ。



c0264744_15331340.jpg

                     点滴 おねがいしまーす


って、こちらこそ、よろしくお願いします。

いつもおとなしくしててくれてありがとね。










人気者のポチのそばには いつも私以外にもだれかがいて、

苦しいときもしんどいときも、穏やかなときも復活のときも、

だれかが常にポチを見ていて、

ポチは常にだれかとともにいて、

ひとりになることはありません。



c0264744_1537228.jpg





ポチと私の周りの人たちはみんなあたたかくて、

ポチのことを想い、ポチを思う私のことまで考えてくれて、

私たちはとても穏やかな時間の中で、残された時間を過ごさせてもらっています。





ポチに関わってくださったすべての方に、

深くお礼申しあげます。


家族として、

大事に時間を重ねていくことをお約束します。








                   2014.4.4  ポチ太郎  家族決定 ☆



c0264744_15403339.jpg

[PR]

by siawasesagasoh | 2014-04-08 15:44 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(20)

大好きな毛布


横須賀のIさん





頂いた毛布。

ぽちくんのお気に入りです。



ドイツの娘さん
c0264744_15455197.jpg



どこへ行くのでも抱えています♪




この毛布、とっても気持ちがいいので、

ぽちくんのお気に入りなのも納得!
[PR]

by siawasesagasoh | 2014-02-15 15:44 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(0)

木更津濃霧に包まれる。



朝起きて、窓が真っ白。


「結露?」


じゃなくて、外が真っ白。霧です。


c0264744_14333315.jpg



前の日の夕方も少し もやっ ていたけど、

朝こんな風になるとは。。。




もやで犬が見えなくなってしまうので、

朝の散歩はもやが晴れてから行きました。


(この辺はまだ「行って来い散歩(飼い主は不在。犬だけの散歩)」の犬がいるので、

 自分たちだけ気をつけていても、犬に遭遇します)




夕方にはもやも晴れて、きれいな夕日を見ることが出来ました。


c0264744_143779.jpg





この日。

大切な友だちの、大切な愛犬が、天寿を全うしました。


まさおさんたちと、

一緒に旅行に行ったね、りょん。



鼻にしわ寄せて激怒しているりょんが、

なんだか可愛らしくって。



撫でるみきおの手をガバガバ噛んでるりょんと、

怒りながら痛がっているみきおが面白くって、

「もう1回触ってみて」って口癖のように言っていたのを思い出す。


あの頃の思い出を共にしたこの巣立ちは・・・切ない。

まるで一時代が終わってしまうかのような・・・。


思い出が消えることはないのにね。

家族に見守られながら旅立てることは幸せなのにね。


それでももう少し。。。と思ってしまう私は欲深い。




りょん、

向こうでみんなと会えるよ。

いつか私たちも行くから、

またみんなで枕並べて寝ようね。
[PR]

by siawasesagasoh | 2014-02-03 14:29 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(2)

加湿器




夜から明け方にかけて、

ぽちくんの咳が出るので加湿器登場。


*加齢とフィラリア症から来る咳です



c0264744_1511307.jpg




我が家ではフィラリア陽性の子が来ることが多いので、

冬場、加湿器は毎年フル稼働。


不眠不休で働いてもらうのと、

犬たちのターゲットになりやすいのとで、

わりとすぐに壊れてしまいます(>_<)


だから高い加湿器は買いません。


でも安い加湿器はパワーが弱く・・・

この加湿器もスチームがひょろひょろと・・・・ 笑



でもぽちくんには十分使えるので、

今年の夏はこの加湿器ちゃんにぽちくんをよろしく頼みましたっ



で、加湿器ちゃんにぽちくんを頼んでからは、

まだ咳き込む夜は訪れていません♪


ぴーちゃん(ぽちくんのあだ名)、ピンクがよく似合ってるよ♪
[PR]

by siawasesagasoh | 2014-01-05 15:10 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(0)

電気毛布


先日横浜市在住のakieさんが、

わざわざ木更津まで電気毛布などのご支援を持ってきてくれました(>_<)!




ぽちくんが薄毛なので、

冬を越すのが大変なのを心配してくださったのです。








ケージを使ってコタツ風にしています。




あれから毎日、

日が落ちると電気毛布のスイッチを入れます。


スイッチが入ると、そそくさとケージに入り込むぽちくん。




コタツのようにポッカポカ!ではありませんが、

体のどこを触ってもじんわり温かい。




毎日、震えることなく快適に過ごさせてもらっています!






ありがとうございました~!!!



c0264744_13525767.jpg





*銀ちゃんとぽちのこと構ってくれたそうで、ありがとうございました♪

 うちに帰ったらふたりともとってもテンションが高くて、

 「こりゃイイことあったな」とすぐに分かりました☆


 そらははさんから、銀ちゃん撫でてもらったと聞いて、

 テンションが高かった理由、納得しました(笑)!
[PR]

by siawasesagasoh | 2013-11-03 13:52 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(0)

ぽちとぎんちゃんの電車ごっこ



5日の出来事。



朝からよく降り続けた雨の中、

弱まった頃合いを見てダッシュで散歩に繰り出すも、

お散歩中にまさかのドカ降り。



じっさんのぽちくんはすっかり薄毛になったので、

雨が降って体が濡れると、サムイさむい057.gif



家に帰ってしっかりタオルドライをしたあとは、

銀ちゃんと一緒に「暖☆暖電車ごっこ」で暖をとります。


c0264744_13545319.jpg




ぬくいか?


*奥に見える白くてまるいプラスチックは植木鉢の皿で、
 銀ちゃんが今もっとも大事にしている宝物です。




ところでうちの銀ちゃんはお散歩に行っていないので、

体はまったく濡れていません。

したがって、拭く必要もないし、寒くもありません。




ただ単に、

シンクロしやすい性格なのです。



c0264744_1435962.jpg









                   おっさん銀ちゃんとじっちゃんぽちくん。
                      ひとつのブランケットに包まれて。
c0264744_135918.jpg








9才にして初めてタオルで体が拭けるようになった銀ちゃんが、

同じ年にもうブランケットを羽織れるようになったことにも感動だし、

隙間があると寒いだろうに半分貸してあげるぽちの優しさにも感動。



c0264744_14101526.jpg




毎日いろんなことがあって、

たまには心が荒むこともあるけど、

ぽちみたいな優しさと、

ぎんみたいなさりげない強さをもてるように、

私もなりたい。
[PR]

by siawasesagasoh | 2013-10-06 13:49 | ぽちたろう(決定)虹の橋へ | Trackback | Comments(3)