幸せ探し 杏組

aumehanamg.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:愉快ななかまたち( 119 )

すやすや





うちのうめちゃん。


また少しやせてしまいました。

食べられてはいるのに。




腎不全とは戦うんじゃなくて、

うまく付き合っていこうと思っています。




ふわりくん改めノアくんの里親さんからも

梅ちゃんにと腎サポの缶詰を沢山いただきました。


本当の家族を持たない保護犬ではなくて、

梅はうちの家族なのに、こうして応援していただけるなんて。。










事情があって県外に新居を別に持った私も、

3日に1回のペースで木更津に帰りますが、

離れている時間の梅が気になって、

朝に、昼に、夕に、深夜に、明け方に、

気になれば時間構わず「梅ちゃんどう?」と大母にメールをします。



「今日はあまり良くない」
「今日はいい感じ」
「寝てる」
「食べてる」
「おしっこ2回」

と、なんとも簡素な返事。(;´Д`)







大母が梅と花と私の部屋に自分のベッドを引っ張り込んで、

毎日梅と一緒に寝てくれるようになりました。





私が木更津で過ごしているときも、

いつも私より早く大母がベッドに入るので、

おのずと梅も大母のベッドに入ってしまいます。






大母と梅が寄り添い合うその向かい側で、

いつ梅が来てもいいようにスタんばっている私。




c0264744_1553956.png



なかなか梅が来てくれないことにしょんぼりしつつも、

梅のあまりの可愛さに、夜な夜な寝顔の写真をこっそり撮ってしまいます。。

。。。何枚も何枚も。。。 ( ストーカーかっ(=゚ω゚)ノ







梅がこれからもすやすや気持ちよく眠れますように。
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-04-13 14:46 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(8)

梅ちゃん



元から食の細い梅。

スレンダーは昔からだけど、

それでもなんとなく痩せた気がする。



そう思って梅ちゃんの血液検査に行きました。




結果は、 腎不全。




14歳。



年齢も年齢だし、

いつなにがあってもおかしくはないと思ってはいても、

梅のいない明日を。。梅のいない1年後を「現実として想像する」のは難しい。





「 今年も一緒に桜を見よう 」と、約束したね。


今年も満開の桜の下、ゆっくりゆっくり歩けたね。


c0264744_14473896.jpg



・・・・望みがひとつ叶った


叶えてくれてありがとうと感謝の気持ちが湧くのと同時に。。。。焦る。



あぁ、

もっと先の約束にすればよかった。と。



欲張りな私は 

「来年の桜はどうだろうか。一緒に見れるだろうか。難しいだろうか。」と、

これからの時間を数えてしまいます。



長く一緒にいたい。

1分でも1秒でも。。。長く長く。。。。


こうして先が見えてしまった今、より強くそう思うものの、

梅と出会った14年前から、この気持ちに変わりはありません。



c0264744_14475694.jpg




考えられるありとあらゆる手を尽くせば、

もしかしたら少しは一緒にいられる時間が延びるのかもしれないけど。。。


梅は今、特別な治療や入院はせずに、

毎日の投薬以外は、いつもの通り、家で過ごしています。


c0264744_14483349.jpg




ポチ太郎のときと同じように、

自宅で出来る最善を尽くして、

最期まで入院はさせないと思います。






願いと、やっていることとは真逆のようにも思うけど。。。



梅がいないと私が辛いからそばにいてほしいと思うのは

私の我まま以外のなにものでもなくて、

私の我ままを聞くために、

梅がしんどい思いをして頑張るのは違う気がして。。。






先に逝ったまさおさんやれいこはんやポチに、


「 私は梅と一緒にいたいと願ってしまうけど、

 梅の身体が本当にしんどくて、もう楽になりたいと梅の心が思うのならば、

 すぐに迎えに来てあげてね 」 と、お願いしています。







梅ちゃんはまだ食欲もそこそこあるし、

毎日のお散歩も頑張ってしています。

夜は花ちゃんと同じ部屋で眠り、

おやつも食べるし、目もキラキラしています。


痩せて目の上がくぼんでしまったり、

調子のよくない日もあるけれど、

梅らしく過ごせていると思います。





梅が好きな姉一家。

みんなが梅に合わせたお散歩をしてくれます。

c0264744_14535973.jpg





散歩の後半。

くたびれてたら、姉が抱っこしてくれました。

c0264744_14541816.jpg



この日以降、

梅ちゃんは必要以上に「くたびれました」のアピールをするようになりました。




梅ちゃんや。

この付き合いも14年になるから、

本当にしんどいときとそうじゃないときくらい、私にも分かるわよ( ̄ー ̄)


・・・と言いつつ、すぐにホイホイ抱っこしてしまいます。


梅に抱っこしてって言われるのは、嬉しいから。







梅の病気を知っている人はわずかですが、

わざわざ会いに来てくれたり、腎不全のごはんを送ってくれたり、

会いに行きたいって言ってくれたり。。。。




治らない病気と向き合っている今

笑顔で過ごすのが難しいときもあるけど、

家が大好きで、

友だちを作りにくく、

打ち解けるのにも時間がかかる梅と私のことを、

こうまで心配してくれる仲間に恵まれて、

私たちは幸せ者です。
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-04-07 14:15 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(1)

ハムちゃんの寝姿。



ハムスターの番長は、

ハウスの中に設置してある専用の小屋の中にすっぽり入り込んで眠るのに、

ハムスターのハム太郎は、

ハウスの中のどこか適当なところで腹見せ状態で無防備に眠ります。



「警戒心」はどこに置き忘れて来ちゃったの( ̄▽ ̄)?


c0264744_13451183.jpg





この写真を撮る直前には、

寝ながら自分のお尻をバリバリ掻いては指を匂い、

掻いては指を匂っていました(笑)
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-03-10 13:43 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(2)

爪切りの約束




うちの銀ちゃん。。。

イケメン過ぎて、写真を撮るのが怖いくらい。   ( ̄▽ ̄)


c0264744_1425364.jpg


あごをがしっと掴まれるのがお気に入りの銀ちゃん(笑)

撫でて~♪じゃなくて、掴んで~♪って、来るんだよね♪







野良犬で捕獲したときは、

「この世の終わり」というくらい暗くてどんよりしていたのも嘘のように、

年を重ねるごとに幼さが出てきたというか、天真爛漫になっていったというか。






保護してから、

銀ちゃんの頑なな心と生活になにか打開策を!と、

頼ったすべての動物行動学の先生やトレーナーさんに

この子のためには安楽死/殺処分しかない。。と言われていたのがウソみたい。





銀ちゃんと私の場合、

お互いほんの少しの努力と歩み寄りだけして、

あとはお互いの存在をほったらかしていたのが功を奏したのかな?




犬猫と常にきちんと向き合って

日々たゆまぬ努力をされている方には、

なんにもしてないだけじゃんっ!と、叱られちゃうかもしれませんね・・・emoticon-0107-sweating.gif








もちろん、このやり方が近道だったとはとても思えないけれど、

銀ちゃんの今の生活を見ていると、間違っていたとも思っていません。




銀ちゃんと一生を一緒に過ごすうえで、

私が一貫してやり続けてあげられることってなんだろう?って考えました。



●私はあきらめないけど、銀ちゃんは特別頑張らなくていいよと伝えること

●私は夢として持ち続けるけど、ふたりの共通の目的は持ってないよと伝えること

●銀ちゃんがどうしても今は無理というなら、
 ちょっとやってみようかなと思う心が育つまでつなげていくこと
 その上で待つこと。ほったらかしておくこと。

●私たちの普段の生活を見て、
 銀ちゃん自ら“人間って・・”って、心と肌で感じ、
 どういう風になら付き合っていけるかな?って自分で考えてくれるのを待つこと。




良く言えば気が長い。。。

悪く言えば、なんにもしてない(苦笑)







爪を切られるのがとても怖かった銀ちゃん。

爪が伸びたら切る。は人間側の考えであって、

野良犬が爪切りするか?と考えれば・・・そりゃ抵抗感あるに決まっています。



私は人間だから、人間の価値観でしかものを考えられないのと同じように、

銀ちゃんは犬で、しかも生粋の野良犬だったのだから、

野良の価値観(常識)しか持ち合わせていません。





私の常識は、銀ちゃんの非常識emoticon-0133-wait.gif







銀ちゃんはもちろん

「この人と心を通わせたい」なんて思ってもいなかったでしょうから(笑)、

銀ちゃんと心を通わせたいと思った私がまずは歩み寄らなきゃ話になりません。



銀ちゃんと言う野良犬の気持ち。野良犬である銀ちゃんの気持ち。

になって考えてみることですべてを始めようと思いました。





外に出ることが出来なかった銀ちゃんの爪は伸び、

伸びた爪が邪魔でうまく歩けなかったり、爪が食い込んでしまったり。


人間の存在も、人間がすることも、人間が作った物体も、

すべてが大暴れするくらい恐怖の対象だった銀ちゃんの爪切りは、まさに命がけ。

爪一本切るのだって、お互い汗だく。冷や汗だらりで、緊張状態が半端なかったです。





ある日私は銀ちゃんの爪を指さして、言いました。


「 銀ちゃんが自分で爪を切ってくれるなら、

      私はもう絶対銀ちゃんの爪は切らないと約束する。」


と。


苦し紛れに言ったのか、

それとも真剣に言ったのか忘れてしまいましたが、

あれから月日が流れ。。。。



銀ちゃんはあの日から10年間せっせと自分の歯で上手に爪を切り、

私はあの日から10年間銀ちゃんの爪を切っていません。



c0264744_14393299.jpg




あの日した約束は今も続いています。








なお・・・・。


「お風呂気持ちいいよ~」って誘ってみたら・・

誘われただけで肛門腺大噴射の銀ちゃん。



生まれてからただの一度もお風呂に入っていない銀ちゃんに、

「そんなに風呂が嫌ならば、雨の日こそ外で遊んで汚れ落としてきて!」と言ったらば、

雨の日は嬉々として庭でビショビショになっています。



最近になってようやくタオルで体が拭けるようになったものの、

去年までは体を拭くためにタオルをあてるとパニックを起こしていたので、

雨でビショビショになった体は

ブルブル吹き飛ばして乾かしてもらうしかありませんでした(^-^;

そして部屋中に飛びまくった水滴をふき取る・・という・・・(-_-;)




なぜ私はあの時の約束で、

「そんなに風呂が嫌ならば、雨の日こそ外で遊んで汚れ落としてきて!

 そのあと、タオルで体を拭かせなさい!」と付け加えなかったのだろうか。


妙にまじめで堅物な銀ちゃんと、

どうにも間抜けな私の約束は、

今日も明日も続きます。



たぶん。(*'ω'*)
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-03-02 13:51 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(8)

ジロウちゃん、ドキッ☆



うちの銀ジロウ。



空気を読むのがとっても早いので、

テレビに夢中になっている私のスイッチ(CMになった瞬間)もすばやく察知します。






さっきまでスヤスヤ眠っていたはずなのに・・・



c0264744_14515112.jpg

           ▲  もしかして いまから 触る?



ご名答~(*'ω'*)  だって今 CMなんだもーん♪
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-02-17 14:49 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(2)

ばんちゅ♪ハムてぃん♪





犬とも猫とも違う匂いをまとったハムスター。

片手の平にスポッと収まる小さな子たち。



使っている床材によっても体の匂いは変わるのだろうけど、

うちのハムちゃんとばんちょうのハウスは、

ふわふわチップをメインに、

遊び場程度のチモシーを入れているので、

いつも草木の匂いがします。




c0264744_150256.jpg

         ▲ ば: 今いるのはテーブルの上だけどね









c0264744_1533153.jpg

        ▲ ハ: 「豆大福にしか見えない」なんて、ウソでしょ?






ハム用クッキーを堪能するおふたりさん。

小さなクッキーを両手でしっかり持って食べてる姿に、胸がぎゅーーーん☆!!
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-02-16 14:56 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(2)

おやすみなさい。




私の部屋には、梅ちゃんと花ちゃんがいます。




(・・・うめはなの部屋に私がいると言うべきか?(笑))






『 うめはな、おやすみね 』


そう言う私の目に映る景色。


c0264744_1564787.jpg



梅が近くにいて、花が遠くても同じ場所にいる。。。




ふたりとの生活ももう14年になるのに、

今も毎日、それが当たり前のこととは思わない。



保護活動を通して、

 「 当たり前のこと 」 が、

どんなにかありがたくて、どんなにか尊いものか・・・が身に染みてるのかも。





家に帰るといつもそこにいてくれて、

寝るときに聞こえる寝息も、

明け方寝返りをしている布団の音も、

たまに聞こえる寝っ屁や

伸びのときのおじさんみたいな吐息。

ベッドの上で首を掻く振動も、

夜中に水を飲んでいる音も、

布団に戻って寝なおすときのため息も、

どれもみんな当たり前。


その当たり前が、

毎日とってもありがたい。
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-02-09 15:03 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(2)

ストーブ最前線




うちの銀ちゃん。



太陽の出ている間は、

庭とデッキとサンルームを好きに行き来して、

太陽とがっつり仲良くお友だちをして過ごし、

日が暮れるとおうちのなかでストーブさんと仲良しこよし。




・・・にしても、ストーブに近い。


c0264744_1515723.png






それであっという間にカッカッと暑くなり、

部屋の隅っこ、ストーブから一番遠いところで、

肩で息を切らして 

ハァハァ( ゚Д゚) (注:パンティング=体温調節) しているのです。



で、水を飲んでクールダウンしたら、

またストーブと仲良しこよし。




ストーブを消すまで、

その繰り返し・・繰り返し・・(^▽^;)



10才になっても、銀ちゃんは変わらず、銀ちゃんなのでした。☆
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-02-08 14:50 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(2)

相棒、杏ちゃん☆



杏組に欠かすことのできない世話役女房の杏ちゃん。



特に仔犬と子猫のお世話が大好きで、

保護してくると、

深夜のミルクや排せつのタイミングを教えてくれて、

一緒に眠たい目をこすりながら、チビたちの成長を手伝います。




ちなみに。

うちのうめちゃんはチビ犬猫は拾う(保護)専門で、

家まで連れてくると急に興味が失せるのか、

はたまた自分の任務はここまでと思うのか、

杏ちゃんにぽいっ!(しかも無造作)とバトンタッチです。



杏ちゃんは、いつうめちゃんが犬猫を拾ってきてもいいように思うのか、

梅が散歩から帰ると毎回誰か連れてきていないかウキウキとチェックします。



そんな関係がもう10年以上。





そんな杏ちゃんも大病を患い、

大きな大きな手術を乗り越え、

現在も病気とうまく付き合っていく日々。




病気もちのおばあちゃんと思えないパワフルさで、

庭を飛び回っています。



c0264744_14401297.jpg




杏ちゃんの病気( GIST:消化管間質 悪性腫瘍 と、脳梗塞 )とは、

今のところ上手に付き合えていると思います。


といっても、特別な治療は受けていません。



自然の中で、思う存分遊び、たっぷり寝て、きれいな空気を吸い、

太陽の恩恵を余すことなく受け、出すもの出したら、食べたくなる!


というとっても規則正しい生活を送っているだけですが、

今のところ GISTも脳梗塞も、再発も後遺症もありません。




c0264744_14455514.jpg



すっかり、おばあちゃんになって、白内障も進んだけれど、

これからもずっと元気で杏ちゃんらしく気ままに過ごしてくれたらいいなと思います。
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-02-07 14:35 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(4)

りんちゃん



2010年・・・2月5日はカワイイあの子の命日でした。


りんりん



事故当時のことを思い返すと今も胸は激しく痛みますが、

いつも思い出すのは・・・りんちゃんの笑顔です。



おっきな体でばっさばっさと走りより、

強い力で体当たりしてきては、

突き抜ける笑顔でこちらを見つめてくれたりんちゃん。





今年も、

りんちゃんに。。。と素敵なお花が届きました。


c0264744_1414067.jpg


c0264744_14141645.jpg



東京のKさん

千葉のSさん

ありがとうございます。



生きているときに幸せになれなければ意味がないのかもしれないですが、

亡くなって月日が経ってもこうして想ってくださる方がいてくれることを、

りんちゃんはきっときっと感じてくれていると思います。

りんりんは人の想いに、想いで応えてくれる子だったので・・。







私は、

飼い主が飼育できなくなったケースでは、

飼い主さんが努力して飼育を継続してくれる家族を見つけて

きちんとバトンタッチするまでが「飼い主の責任」と考えていますので、

里親さん探しのお手伝いはしますが、

よほどの事情で今すぐに犬猫の生命に危機があるということでない限り、

引き取りはしていませんし、

それよりも

野ざらしになっていいて、飼育者がいなくて、

明日のごはんも食べられない子を優先して家に入れることにしています。





今もその考えに変わりはないのですが、

りんちゃんのことがあってから、

私が自分の家で預かることが出来てさえいれば、

りんは死なずに済んだのではないか・・・と、今も後悔しています。



意志をもった動物なので、

私なら絶対に逃がさないという自信をもつことは危険なことですが、

それでも・・・と、後悔せずにはいられません。




私の後悔はこれから先もずっと変わることはないと思いますが、

りんちゃんは沢山の方に愛された自信をもって、

きっともう生まれ変わり、

大好きな誰かと、幸せに幸せに暮らしていると思います。
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-02-05 14:09 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)
line

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31