幸せ探し 杏組

aumehanamg.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ペットショップ倒産( 2 )

ビーグル ビーちゃん


ペットショップ倒産の件では、

各方面たくさんの方々にご協力いただきました。




土曜日

高齢で要診察のビーグルおばあちゃん「ビーちゃん」を病院に連れていきました。

どんな環境であろうと、毎日を過ごした場所から初めてひとりで出るのは不安なことでしょう。



産まれて14年目にして、

おそらく初めて外に出たビーちゃん。



私の腕に抱かれて、

お日さまをとてもまぶしそうにしていました。






ビーちゃん。

今は4月という月で、季節は春です。

生き物たちが生まれる時期でもあり、

色とりどりの花を愛でるたくさんの笑顔があふれる季節でもあります。



少し緊張気味に、眩しそうに空を見上げたビーちゃんを見て、

初めての1歩を踏み出したビーちゃんの気持ちを想像してみます。



・・・

14年もの長きに渡り閉じ込められた生活をしたことのない私には、

ビーちゃんの気持ちを想像することさえできませんでした。



できないけど、

できなくても、

その気持ちを想像して、

少しの時間でも、その心に寄り添いたい。



ビーちゃんという名前は、もともとついていました。

ついてはいたけど、本犬にその認識はないようで、

何度もビーちゃんと呼んでみたけれど、反応はありませんでした。





ねぇ、ビーちゃん。

c0264744_13375682.jpg

                ▲  ???


不思議そうに首をかしげるビーちゃん。

カワイイなぁ。





病院までの道中、何度かおやつをあげたら・・・

さすが食いしん坊のビーグルさん。



病院につく頃にはすっかり仲良し♪

c0264744_13401235.jpg




高齢ということもありますが、

ひどい削痩で、全身状態も良くありません。

c0264744_1343737.jpg




ビーちゃんに残された可能性がどれくらいあるのか、

余生はどれくらいあるのか。。。

獣医さんは全力で治療しますといってくださいました。

ボロボロのビーちゃんが明日も生きていられる保証はないけれど、

今は、

ビーちゃんの明日を信じてくれる人たちのもとにいます。




治療方針など含め、

今後ビーちゃんのすべては、

預かりさんにお願いできることになりました。




ビーちゃん、がんばれっ
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-04-21 13:46 | ペットショップ倒産 | Trackback | Comments(4)

ペットショップ兼ブリーダー倒産

056.gif 4月22日更新





先日、

ちばわん時代からずっとお付き合いがあって、

千葉県の動物愛護推進員としてもご一緒しているSさんから、

ペットショップの倒産により約50頭の犬たちの救済をお願いできないか・・・

と、保健所から連絡があったのだけど・・・と、相談を受けました。




Sさんとはちばわん関連以外にも、

県からの依頼や地域猫活動、

RADAC里親会の会場提供を頂いたりなど、

何度も県内外の救済現場/活動でご一緒しているので、

微力ながらお手伝いをさせてもらうことにしました。



Sさんと私のセット。。とくれば、じゃりんこさんもデショ!

( ↑ やっかいな現場はこの3人がセットで動くことが多かったような・・)

ということで、普段から犬猫のために動きまくっているじゃりんこさんも、

遠慮なく巻き込ませてもらいました。



とりあえず、お店を訪問して状況と詳細の確認を。ということで、

4月15日に訪問の予定を組んでいましたが、

実際現場から犬たちの移動が始まったのはその前の週。

じゃりんこさんやショップのオーナー夫妻の呼びかけで、

訪問より先に13頭の犬たちの譲渡/保護先への移動が完了していました。


15日は、じゃりんこさん経由の呼びかけで、

ガイル母さんココニャンさん、ちばわんでご一緒させて頂いたきこさん

そして都内で動物保護活動をされているアルマさんも同席くださり、

大人数での訪問となりました。



15日訪問時に店に残っていたのは全34頭。


c0264744_14115718.jpg






この日集まったボラさんはみんな熱意と決断力に長けていて、

この日だけで17頭の行き先が決まりました。



****************

4/20(月)
全頭引き取り完了しました!





・ビーグル メス ビーちゃん 母

・ビーグル メス さくらこちゃん 娘

・ビーグル メス なでしこちゃん 孫


・スピッツ オス そらくん 

・スピッツ オス しっぽくん

・スピッツ オス かいくん

・スピッツ オス りゅうくん

・スピッツ メス 小梅ちゃん

・ジャックラッセルテリア オス

・ジャックラッセルテリア メス

・柴犬 メス ヒメちゃん 高齢

・チワワ メス やっこちゃん 高齢


・Mダックス メス ブラックタン 高齢
・Mダックス オス じゅんきち君 高齢
・Mダックス オス だんきち君 高齢

・チベタンテリア メス 12才

・黒ラブ メス ランチちゃん 4才



沢山のご協力、そして応援をありがとうございました。



*****************************



すでに里親さんの元で生活を開始している子もいますが、

大半は団体や各個人保護ボラさんの元へ「保護犬」として移動しました。

それぞれの保護先にて体調などを整えてから、里親さん募集開始になるかと思います。







これまで幾度となく

多頭現場/倒産/劣悪飼育などの現場に行き活動をしてきました。

街で見かける飼い主さんと一緒の表情豊かな犬たちと、

こういう現場にいなければならなくなった犬たちとのあまりの違いに、

「同じ犬なのにどこでどう違えば・・・」と、

何度経験しても、毎回心底やるせない思いを感じます。







積み上げられたケージの、

上からも横からも飛ばされてくる糞尿を避けることも出来ず、

ずり落ちた毛玉の層の上でどんどん天井は低くなり、

虫やハエやほかの犬たちの喧騒が飛び交う中で暮らし、

耳や目を悪くし、歯を無くし、それでも子を孕まされては、

命をかけて産んでは、幼いうちに取り上げられて。



どんどん表情を無くし、

動くことも吠えることもしなくなって、

横になって寝ることもなくなり、

座ることさえしなくなる犬たち。



乳腺腫瘍でぼこぼこのおっぱいをぶら下げて、

陽のあたらない、暗く、汚く、臭く、

愛情の欠片もない場所で長い時間を過ごすのです。


今回のペットショップの犬たちは、

状態こそ、良い状態の子はいませんでしたが、

少なくてもオーナー夫妻のことが好きでした。

犬らしく吠え、犬らしく自分をアピールしていました。





普通の感覚であれば、

まったく行き届いていない衛生状況と感じますが、

これまで入った現場の中では、管理者の努力が垣間見えました。


もちろん、生き物で生計を立てている以上は、

計画性のない無謀な倒産は許されるべきものではありませんし、

そのしわ寄せが犬に向かうのなんて、論外です。



どの子も高齢で適切な医療処置も受けられず、

残された余生がどれくらいあるのか分かりませんが、

どの子も幸せになってほしいと願ってやみません。








そして。。。。



うちのダックスの杏ちゃんは、

某大型店舗の閉店に伴って売り尽くしセールに出されていた最後の犬でした。

翌日閉店の店舗で、いよいよ蛍の光が流れ始めて、

お客さんがはけていく中、たった1頭 ワゴンに残っていました。




個人的には、

犬を購入することになんの抵抗もないかと言われれば・・・大有りです。



当日クーラーを買う予定でお金を握りしめて量販店にいた私たちは、

何度も何度もワゴンにいる杏ちゃんを見てはその場を離れ、見ては離れを繰り返し、

結局、クーラーを買うはずだったそのお金で、杏ちゃんを連れて帰ることに決めました。



杏ちゃんを迎え、

動物たちを取り巻く環境の中で、

ショップやブリーダーの崩壊現場で活動するようになり、

もう何頭のダックスフントに出会ったでしょうか。



杏の血統書を無くした私は知るすべもありませんが、

もしかしたら今までレスキューしたダックスの中には、

杏ちゃんの親や兄弟、親戚がいたかもしれません。




今一緒に暮らしている子がショップやブリーダーから迎えた子だという方にはぜひ、

これまで通りにその子を大切にするとともに、

親や兄弟親戚がもしかしたら・・・という思いももって、

どうかこういう問題に対して関係ない事と思わずにいてくださればと思います。
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-04-16 14:16 | ペットショップ倒産 | Trackback | Comments(0)
line

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31