九ちゃん、またね!



九ちゃんとは、

2004年12月の出会いでした。




当時から本当に本当に可愛くて、

私は九ちゃんが大好きでした。



里親さんとご縁が繋がり、

それからも折に触れて九ちゃんの存在に助けてもらってきました。


中でも、

活くんが里親さんのおうちから迷子になって毎日毎日探しさまよい歩き続けて、、、

もうもう本当に精神的にも追い詰められ苦しすぎて肉体が限界を迎えていることにも気づかず。


毎日真っ赤なおしっこが出て、口にするのは栄養ドリンクと背中が痛くて痛み止めだけでした。

活くんが心配で眠ることも休むことも出来なくて、

深夜、早朝、朝、昼、夕方・・あてもなく前へ前へと。

前へ進んだからと言って、活くんを見つけられる保障なんてどこにもなく、

もうもはや進んでいる先が前なのか後ろなのか斜めなのかさえ分からない。

それでも足を止めることは出来ず。。。



という日々の中で、

「九ちゃんに会いたい。今会わなければ私はきっと倒れる(=活くんを見つけてあげられない)」と思い、

里親さんには突然の連絡となってしまいましたが、急きょ会わせてもらえることになりました。


特別なことはなにもしていません。

九ちゃんちの近くの公園を、少しだけ一緒に歩いただけです。

お散歩を終えて、里親さんちにすんなり帰り、里親さんの隣で落ち着いている九ちゃんを見て、

活くんもおうちに帰してあげなくちゃ。活くんを安心できる人のそばに連れてきてあげなくちゃ。

と、心の持ち直しが出来たのでした。


迷子捜索をする中で、

活くんが見つかったら・・・

預かりやめよう!やめたい!もうできない!

人に託すことがこんなに怖いなんて・・。

犬や猫と関わるのが怖い・・。

そう思っていました。


それから時を経て今も犬猫の保護をしていて、

里親さんに託すという譲渡もしているのは、

九ちゃんやほかの子たちが今も里親さんと一緒に 幸せに暮らしているからです。


それを、

九ちゃん家族の輪に入らせてもらって

直接その空気に触れることで、

私は今も細々と、

脱走や人に託すというある意味での恐怖と闘いながら、

希望をもって、夢をもって、明るい未来を信じて、保護・譲渡の活動を続けています。




一番苦しいときの支えになってくれた九ちゃんが、

10日朝、亡くなった と連絡をいただきました。



大変なショックと、里親さんの心情の心配と、

なぜかどこか安堵と、九ちゃんへの想いと、思い出と、色々あふれてきました。



最期の最後まで家族と一緒にいられることは、

当たり前であるべきだけど、犬猫にとっては奇跡みたいに、当たり前じゃないこと。


出会ったあの日から離れることなく最後の時を迎えた九ちゃんは、なんて幸せな犬生だったのだろうと。

「最期の時まで家族一緒に、幸せに」と願って送り出した私の願いは、叶いました。

願いがかなうってことは亡くなるってこと。

亡くなるってことででしか、願いは完結しないわけで。。。

願いが叶ったと両手をあげて喜ぶなんて出来ないけど、

幸せな一生涯だったことに対して、安堵しました。


突然死だったので里親さんは大変なショックを受けていらっしゃいましたが、

九ちゃんと過ごした日々の中での里親さんはいつも笑顔でした。

強くて優しい九ちゃんのお母さんです。

苦しい時間はあっても、

九ちゃんと過ごした楽しい日々を支えにこれからも笑顔で過ごしてくださると思います。


c0264744_09290526.jpg
             ↑2005年当時、一緒に撮った写真です。なんてカワイイ。





              里親さんからいただいた九ちゃんの写真。なんてカワイイ。↓

c0264744_09320361.jpg

九ちゃんを里親さんにお届けして半年くらいは、

九ちゃんのことを想って泣きました。

「帰ってきてほしい」とすら思ってしまいました。

私の入り込む隙間なんて、最初からなかったのに。



九ちゃん、九ちゃん。

生まれてきてくれて本当にありがとう。
出会ってくれて本当にありがとう。
里親さんに出会わせてくれて本当にありがとう。
幸せに生きてくれて本当にありがとう。

いつも会えた時は「またね!」ってバイバイしていたから、
今回も「またね!」でバイバイしましょう!

またね!!


[PR]

by siawasesagasoh | 2017-06-16 09:37 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://aumehanamg.exblog.jp/tb/26743253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あおい at 2017-06-16 22:19 x
九ちゃん、私もよく覚えています。
すごく可愛くて里親さんが決まった時に身勝手だけど、ブログでも見られなくなる事が寂しくて…

一番最後の九ちゃんの写真、随分といい年になって満たされは九ちゃんは私が知っている九ちゃんではありませんでした。

杏さん、ありがとうございました。
Commented by あさ母 at 2017-06-16 23:39 x
大変ご無沙汰しております。げっちことあさ母です。
九ちゃんの訃報のこと、突然のことでとても驚いております。
九ちゃんと過ごされた日々、杏さん・大母さん・九ちゃんのご家族皆様にとって、宝物だと感じております。
あの頃からの年月があっという間だったような気がしております。
ぷきゅんな九ちゃんのことも大好きでした。ご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by べこまま at 2017-06-24 23:55 x
お顔が白くなった九ちゃんのなんていい笑顔
お母さんのもとでどんなに幸せな毎日だったかが凝縮されてますね。
うちの小太郎も、あとどれだけ頑張れるかわかりません。
ただべすくのように突然死をして私を苦しめないように
小さな背中を丸め精一杯1日ずつ生きてくれています。
大きかった九ちゃんは、優しいからきっと介護の負担をかけないようにと思ったんでしょうね。
さよなら九ちゃん、ベっちゃんに宜しくね。
Commented by siawasesagasoh at 2017-07-29 01:51
★あおいさん

懐かしいですよね、九ちゃん。
懐かしさもありつつ譲渡から時を経ても繋がらせていただいていました。
たまに会うだけだったけれど、その成長と、日々の安定した幸せを感じるたびに、この活動の意味や目的を思い出させてももらっていました。

愛しい子達の旅立ちは身を引き裂かれるような想いですが、幸せに暮らし、幸せに旅立つのは、集大成でもあると思うので、受け止めなければいけないですよね。
Commented by siawasesagasoh at 2017-07-29 01:56
★あさ母さん

ご無沙汰しております!
その節はお世話になりました(^-^)

お世話になったみなさんにご挨拶もせずにちばわんを辞めてしまって(>_<)こうしてコメントいただけて嬉しいです、ありがとうございます。

九ちゃんと出会えて、里親さんと縁続きになれたことは、私の人生をも豊かにしてくれました。九ちゃんの穏やかな微笑みと、お母さんの豪快で優しい笑顔、そしてご家族のあたたかい雰囲気。。しか思い出せません。

九ちゃんは常に家族とともにいて、
常に家族に愛されていました。
そして家族を愛していました。

長く九ちゃんを見守ってくださって
本当にありがとうございました!
Commented by siawasesagasoh at 2017-07-29 02:02
★べこままさん

あぁ。。
九ちゃん、逝ってしまいました。

もっともっと、もっともっともっともっと、
ゆっくり生きてくれたらよかったのに。

と、もちろん思うけれど、
九ちゃんには九ちゃんの引き際があったのだと思います。

急に残されることになった家族はその現実を受け入れがたいですが、、突然死、、これ自体は、九ちゃんが苦しむことがなかったから、よかったのかと思います。

こたポンは心ゆくまで家族に甘えて過ごしてほしいです。ゆっくりゆっくり。。ゆっくりと。

べっちゃんもまさおさんも愁も。。
輝かしいあの頃を共に過ごしたメンバーが召されていきますね。。