幸せ探し 杏組

aumehanamg.exblog.jp ブログトップ

ちゃぶたと呼んだ花ちゃん



27日午後5時。

花の容体が悪化し、急逝しました。

生前お世話になった多くのみなさまにご報告いたします。


保護犬猫たちへの支援を通して、

花にも沢山の愛情を分けて頂きましたこと、

深く御礼申し上げます。











27日夕方、会社にいるときに大母から電話が。


「花がおかしい。花がアブナイ。もうダメかもしれない」と。



私の職場は川崎。

花がいるのは木更津。

近いようで遠く、遠いようで近いこの距離。

このときばかりは果てしなく遠く感じました。





電話の最中に「呼吸が止まっちゃった。」と。

険しかった大母の声が穏やかになり、

静かに優しく花の名前を呼ぶ声に、すべてを悟りました。





悟ったけど、

私は頭が真っ白になり、

なにから、なにを、どうしたらいいのか、、、

なにも分からなくなってしまいました。




大母は、

「もう逝ってしまったし、

 混乱したまま急いで来ると事故に遭うかもしれないから、

 ゆっくりでいいよ」と、言ったと思います。




あぁ、そうなのか。

やっぱり間に合わないのか。と、

急いでも仕方がないのか。と、

右へ左へ意味なくウロウロする私に、

この日たまたま仕事が休みだった夫が、

「死に目には会えなくても、魂は部屋のどこかにいて、待っているはず」と、

急いで車を出してくれました。


もう歩けなくなった花を抱いて散歩したときの腕の筋肉痛を感じながらの道中でした。



間もなく木更津に到着。



まだ温かい花に会うことが出来ました。



いつもの手触り。いつもの匂い。いつもの花ちゃん。

それでも亡くなっていることは歴然で、

この現実を もうどうにも変えることが出来ない事実に涙は止まらないけど、

その姿は、その存在は、いつも通りに可愛くて愛しくて。







その夜、横浜在住時代から今まで、

花ともずっと一緒に過ごしてくれたそら母さんが、

わざわざ都内での仕事帰りに木更津に来てくれました。

そら母さんのご主人も、仕事終わりでお疲れの中、

川崎にある職場からわざわざ自宅とは反対方向の我が家に、

花に会いに来てくれました。




花ちゃんは怖がりで人に慣れづらく、

打ち解けられる人がとても少なかったけれど、、、

こうして会いに来てくれる人がいてくれて、本当にありがたい限りでした。




花は家族に対しても、

あまり自己主張することがなくて、

控えめで大人しい子でした。

(犬の仲間の中では一目置かれる存在でしたけど。)

若いころは色々いたずらもしてくれたけど、

人と積極的なコミュニケーションをとるよりも、

犬同士、気ままに過ごすことを好みました。




あと2日だけ時間をくれたら最期のときを一緒にいられたのに・・という思いはありつつ、

身近な家族からもしっかり自立していた花らしく、

私の想いなんかよりも自分のライフスタイルを最後まで貫いた花を、

私は家族として誇らしく思います。

私的には寂しいけど、それでこそ花だよね!と。






「花はいま、楽になったんだよね」としつこく聞く私に夫は、

「そうだよ」と。



「もう苦しくないよね」としつこく聞く私に大母は、

「そうだね」と。




そうかそうかと亡き花を抱くと、

しんどくて歩けなくなった花を抱っこして筋肉痛になった腕が痛い。







ちゃぶた(はな)

14年間、本当にありがとうね。

本当に本当にありがとう。

これからもずっとずっと家族でいようね。




梅のことは任せてねって言いたいけど、

急に梅の元気がなくなってしまって困っています。

最初からずっと頼りない私で申し訳ないけど、

梅にも私にもまだまだちゃぶたの力が必要なので、

どうか私たちのことを見守っていてね。




c0264744_1483396.jpg


c0264744_1484715.jpg


c0264744_149767.jpg


c0264744_1493371.jpg


c0264744_14105622.jpg




                5年くらい前かな。ちゃぶたとの貴重なツーショット。
c0264744_14131699.jpg







c0264744_1414664.jpg






いざこの日を迎えて。。

家族や友人が一緒にいてくれてよかった。

ひとりだったらどうなっていたかな。




いっぱい泣いちゃったし、

これからも泣くんだろうし、

うっかりしてるといつでも涙が出ちゃうけど、

家族や友人がいてくれたことの心強さをもって、

明日、花ちゃんの体を空に還しに行ってきます。
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-05-28 14:24 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(23)
トラックバックURL : http://aumehanamg.exblog.jp/tb/24175941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちぇるママ at 2015-05-28 14:42 x
心よりお悔やみを。。。 Kさん、どんな胸中かお察しします どんな子でもそうであるように、その子の代わりは誰もできないよね ひとつだけ分かっていることは、ハナちゃんは幸せだったよ とっても。そしてKさんの活動を心から自慢していると思うよ 天国でね「うちのママはすごいんだよ!」って自慢するのが目に浮かぶよう  元気出してね なんて言わない たくさーん泣いて。。。
Commented by ノア母 at 2015-05-28 16:43 x
先日から梅ちゃんが心配だったのですが、花ちゃんの記事を読んで、あまり急なことに驚いています。

大母様に見守られた静かな最期だったのですね。I家の皆さんが梅ちゃんのお世話に専念できるよう、「わたし先に行くから、梅ちゃんはゆっくりしてってね」と気をつかってくれたのでしょうか。花ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

犬が人より先に逝ってしまうことは頭ではわかっていても、別れはどの子でもいつも本当につらいです。皆様さぞお力をお落としのことと思いますが、きちんと食べて少しでも眠って、お疲れが残りませんようお気をつけてお過ごしくださいませ。梅ちゃんも、どうぞくれぐれもお大事に。
Commented by アドニスのおねえちゃまより at 2015-05-28 19:01 x
杏さま
花ちゃんとアドニス天国でお話ししてると思います。花ちゃんのご冥福をお祈りいたします。大変な時にご丁寧にコメントありがとうございます。本当に杏さまの優しいお人柄尊敬いたします。
Commented by モグママ at 2015-05-28 19:03 x
花ちゃんのご冥福をお祈りします。
我が家のまるこも今年で14歳、ずいぶん足腰が弱ってきて
散歩もままならなくなってきました。
うちも花ちゃんのように最後まで、XXらしく生涯を全うできるようにと思います。
Commented at 2015-05-28 20:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-05-29 04:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by チャッピーの父 at 2015-05-29 09:37 x
花ちゃんへ
お疲れ様・ご苦労様でした。
知っていましたか。おじさんはずーっと前から花ちゃんファンでした。何度か公園で会えましたけど、告白はとうとうできませんでした。
できれば、一度はさわりたかったです。小櫃公園で大母さんと梅ちゃんと会えたのが最後になりました。
そちらには、家のポピーがいるはずですから、お友達から始めてください。
何年後かに、また、会いましょう。
Commented at 2015-05-29 09:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-05-29 10:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tare at 2015-05-29 11:51 x
花ちゃん・・・お空に旅立って行ったんやね・・・
あまりに急でビックリしてしもた・・・
花ちゃん、いさぎよすぎるよ(T^T)
花ちゃん、少しゆっくり休んだら、杏さんのお傍にそっと寄り添っててあげてな。。。
辛くて哀しい杏さんに、お尻尾でパシパシしてあげてな。。。
梅ちゃんのことも、見守ってあげてな。。。
花ちゃん、ありがとう。

杏さん、元気を出してとか、頑張ってとか、ほんと言えません・・・力が入りませんよね・・・
ご主人が傍に居て下さって本当によかったと思います。
いっぱい泣いて、いっぱい花ちゃんのこと思って、いっぱいありがとう言って下さいね・・・
梅ちゃんが、ゆっくりと頑張ってくれますように。。。
Commented by レイナニまま at 2015-05-29 12:49 x
杏さんの気持ちを考えるとかける言葉も見つかりません、でも花ちゃんはとっても幸せな旅立ちだったに違いありません。
花ちゃんが天国で心配するのでどうぞ早く立ち直って新しい命を大切に頑張って下さい。
杏さんが元気でいること、それだけで救われるたくさんの命があります。
Commented by muk at 2015-05-31 14:06 x
2ショットの写真を見たら、お会いしたこともない私でも泣けてきました。
きっと杏さんすごくいい表情をされてるんだろうな・・・。
素敵な写真です。
花ちゃんのことを大切に思っているのが、
抱いてキスする姿から滲み出てるもの。

花ちゃん、すごく頑張ったんだと思います。
犬も猫も、がんばりやさんですもんね。

ご家族も、お友達も、
花ちゃんのことを思って、杏さんのことを思って。
そういう群れの中で暮らせるコは幸せです。
ヒトも動物も。
花ちゃん、ちゃんと見守ってくれていると思いますよ・・・。


Commented by さくら(ふう母) at 2015-06-03 01:12 x
杏さん、ご無沙汰しておりました。さくらです。
久しぶりに訪問させて頂いたら、梅ちゃん花ちゃんの具合が悪いと知り、心配していました。
花ちゃん、突然のことで本当にショックでしょう。。。
心からお悔やみ申し上げます。

梅ちゃんの杏さんご家族と過ごす日々が穏やかに続きますように祈ります。
Commented by リトル at 2015-06-03 13:43 x
たまたま・・・本当に偶然なんですけど「君と一緒に生きよう」を手に取り、読み返していました
何と言ったら良いのでしょう

花ちゃんのご冥福を心より祈ります

Commented by ゆうたの姉御 at 2015-06-05 22:54 x
梅ちゃんどうかな?と思ったら花ちゃんが虹の橋に渡ってたのね…
腎不全早いね、
身近だったワンコが、逝ってしまうのは辛いわ
ご冥福を、お祈り申し上げます
Commented by kohamiyo11 at 2015-06-11 21:24
花ちゃんと梅ちゃんと杏さんの歴史にはそれはそれは暖かい思い出がたっくさんあって…
だからこそ辛いし寂しいし、受け止めることが大変だろうと思います…
ご冥福を心からお祈りいたします。
花ちゃんは杏さんが思い出せば、いつでもすぐに近くに来てくれるはずなので、沢山話しかけてこれからもずっと一番近くにいる家族でいてください。
Commented by kohamiyo11 at 2015-06-11 21:26
すみません。。1つ前のコメントミヨママです。。名前書かずに失礼しました…
Commented at 2015-06-14 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 七宝母。 at 2015-06-15 01:00 x
杏さん、犬生って短いですね。

人間からしたら短く思える犬生だけれど、ワンさん本人にはそんなことないのかな…。楽しく、好きな人と一緒に暮らせたのなら、長短は関係なく、おそらく充実の犬生ですよね!

でも本当にさみしいですね。花ちゃん、もう苦しまなくてよい場所で、思いっきり駆け回ってね。眉毛のあるオジサンのような白いワンコを見つけたら、遊んであげてください。

杏さん、なんと書けばよいかわからなくて、今頃になってしまいました。息子の1年後輩は、18才で先週交通事故で亡くなりました。命ってものすごく儚い。そして、とっても大切ですね。
Commented by siawasesagasoh at 2015-06-20 09:11
★ちぇるママさん

ありがとうございます。
あんまり自慢できる飼い主ではなかったと思います。

保護活動をしていることで
花にがまんさせてしまったことも多かったです。
その分わずかな時間でも花が楽しめる場所にお出かけしたり、
家の中でもみんなで楽しくできるようにと一緒に過ごす時間を大切にしてきたつもりですが・・花はどう思っているでしょうか。
Commented by siawasesagasoh at 2015-06-20 09:17
★ノア母さん

素敵なお花をありがとうございました。
ノア君は花が一緒に過ごした大切な家族で仲間です。
仲間がたくさんいる花の犬生は賑やかでしたね。

見送らなければならないのは本当に本当に辛いですが、犬が先に逝ってくれることは犬にとっても人にとってもそれが一番良いのだと思います。残されるより残すほうが辛いですから。。
今は残った家族が一丸となって、悲しみばかりにとらわれず、花との楽しかった日々を抱きながら生活していきたいと思います。
Commented by siawasesagasoh at 2015-06-20 09:22
★アドニスのおねえちゃまさん

花ちゃんはアドニスさんに会えたでしょうか。
きっとすぐに打ち解けて、遊んでいるでしょうね。
疲れたり眠くなったら。。それぞれのおうちに帰って、
また遊びたくなったらお出かけする。。そんな感じかもしれませんね。

会いたい。と苦しくなるほど願ってしまいますが、
願っていればいつかは会える。と思うと苦しさは和らぎますね。
Commented by siawasesagasoh at 2015-06-20 09:30
★しじみ母さん

梅花と出会ったからしじみファミリーとも出会えました。
しじみがいたからしじみファミリーと仲良くなれました。
犬たちが繋いでくれたご縁ですね。

りこには迷子になってほしくなかったですが、
苦しい中にこそほっこり出来るエピソードが沢山ありますね。
しじみ家と梅と花と一緒に浜をさらったあの日のことも(決して遊びではないけど)一緒に過ごせた大切な時間になりました。

りこにも「一緒に過ごしている大切な人・時間」がありますように。
しじみさんが共にりこの犬生を見守ることができますように。
line

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31