杏組のルール。



ロールケーキ。







ものすごくカワイイ顔で

「ぼくにもちょっとだけクダサイ」

って、言わないで。




c0264744_1420268.jpg

        「 ほんの ひとかけらだけでも・・・(願)」






あげないことは決まっているのに、

そんなに可愛くされると心がざわつく (;・∀・)







杏家のルールでは、

ある部門に入門すると、

人間の食べ物でも、基本解禁049.gifになります。






「ある部門」とは、「余生謳歌グループ」のこと。



その子の犬種や年齢、健康状態など、

総合的に判断した私のマイルールでグループへの入門が決まります。


基準は、

「未来のための健康維持より、

  今、今日、この時のQOL(生活の質)が大事」と私が思うかどうか。です。










14才腎不全の梅ちゃんは入門済。

かなり調子が良くないので、

梅が食べられるものはなんでもOK。



14才ちょっと老化の進みの早い花ちゃんも調子が悪く入門済。

食べれるもの/食べれる日が限られているので、

花が食べれるものは基本なんでもOK。




数年前に癌と脳梗塞を患った14才の杏ちゃんは、

病気の判明とともに入門になったけれど、

完全復活を遂げた今は、脱退。

基本犬食 に戻りました。




まだ10才で超健康な銀ちゃんは、

毎日美味しくわんこごはんを食べています。
(味なしトッピング肉・野菜はもりもり食べます)



まだまだ若い2才のにゃむは、当然わんこごはん。
(味なしトッピング肉・野菜はもりもり食べます)




梅ちゃん、花ちゃん、杏ちゃんは、

その健康状態や日常生活が全然違うので、

同じ年だから同じグループになるとは限りません。






現在杏組の「余生謳歌グループ」は、

梅ちゃん、花ちゃん。



予備軍で杏ちゃん。



銀ちゃんとにゃむはよほどのことがない限り、

まだまだ入門出来ません。





このシステムを導入するにあたり、絶対的ルールはひとつ。



入門済グループに人間の食べ物をあげるのを、

     未入門グループに見られてはならない。

         悟られてもならない。

           完璧に隠し通せる自信のあるときにだけ実行する。


    と、同時に、実行するときは必ず、

       未入門グループにも犬用のおやつをあげること。




杏組ではこういうルールがあります。




きっとそれぞれのお家で独自のルールがあるんだろうなぁ。
[PR]

by siawasesagasoh | 2015-05-20 14:54 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://aumehanamg.exblog.jp/tb/24127192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by リトル at 2015-05-22 00:51 x
我が家のルール。
ふー(猫)の膀胱炎発症時に、男子だからストラバイト結石になる可能性を考えて、ニャンズ男子2匹は療法食になりました。もちろん、オヤツもダメ。
ヘルニアや乳腺腫瘤になった雅(杏ちゃんと同じMD)は、食事に関しては制限なし。
それでも姉弟として生活するので、それまで普通にあげていたオヤツは、全員が無し。
でも…やっぱり食の楽しみが全く無いのも可哀想なので、お正月と誕生日だけは、誰の誕生日であっても全員にオヤツをあげています。
ルールとは、ちと違うかなー?
雅にしてみたら、理不尽だと思うけど。
今のところ、文句は言われてません。笑
Commented by muk at 2015-05-22 23:12 x
うちでは、たまーにヒトの食べるものをちょっとだけあげることはあります。
が、もも(6歳半)には、「むくちゃん(17歳直前に老衰で亡くなりました)の域まで行ったら何でも食べさせてあげるから。」
と言ってあります。(笑)

食べてくれるなら何でも、というところまで行けば、
本当に何でも、食べられるものを片っ端から探すと思うし。

父は今でも、その時に探して、むくちゃんが食べてくれたものをスーパーの棚で見ると、
一瞬、無意識に買おうとしてしまうそうです。
悲しいんじゃないんだけど・・・ああ、そうだった、って思うんだそうです。
Commented by siawasesagasoh at 2015-05-27 14:26
★リトルさん

ありますよね~
多頭飼育ならではの「あるある」。
「連帯あるある」と言いますか・・・^m^
Commented by siawasesagasoh at 2015-05-27 14:36
★mukさん

ももちゃん、17歳の域までまだまだありますね~!
目標は高いほどいいかも♪楽しみだね、ももちゃん♪

お父さんのお気持ち、分かりますっ
私もまさおさんやれいこはんやぽちが最後まで食べられた物を見ると「おっ!買わなくちゃ。。。あ、違う違う。いいんだ。」ってなります。悲しいとかツラいとかじゃないけど、懐かしいアルバムを見つけたときのような感じにも似てるし、最期をともに過ごした頼もしい「仲間」のような。