幸せ探し 杏組

aumehanamg.exblog.jp ブログトップ

りんちゃん



2010年・・・2月5日はカワイイあの子の命日でした。


りんりん



事故当時のことを思い返すと今も胸は激しく痛みますが、

いつも思い出すのは・・・りんちゃんの笑顔です。



おっきな体でばっさばっさと走りより、

強い力で体当たりしてきては、

突き抜ける笑顔でこちらを見つめてくれたりんちゃん。





今年も、

りんちゃんに。。。と素敵なお花が届きました。


c0264744_1414067.jpg


c0264744_14141645.jpg



東京のKさん

千葉のSさん

ありがとうございます。



生きているときに幸せになれなければ意味がないのかもしれないですが、

亡くなって月日が経ってもこうして想ってくださる方がいてくれることを、

りんちゃんはきっときっと感じてくれていると思います。

りんりんは人の想いに、想いで応えてくれる子だったので・・。







私は、

飼い主が飼育できなくなったケースでは、

飼い主さんが努力して飼育を継続してくれる家族を見つけて

きちんとバトンタッチするまでが「飼い主の責任」と考えていますので、

里親さん探しのお手伝いはしますが、

よほどの事情で今すぐに犬猫の生命に危機があるということでない限り、

引き取りはしていませんし、

それよりも

野ざらしになっていいて、飼育者がいなくて、

明日のごはんも食べられない子を優先して家に入れることにしています。





今もその考えに変わりはないのですが、

りんちゃんのことがあってから、

私が自分の家で預かることが出来てさえいれば、

りんは死なずに済んだのではないか・・・と、今も後悔しています。



意志をもった動物なので、

私なら絶対に逃がさないという自信をもつことは危険なことですが、

それでも・・・と、後悔せずにはいられません。




私の後悔はこれから先もずっと変わることはないと思いますが、

りんちゃんは沢山の方に愛された自信をもって、

きっともう生まれ変わり、

大好きな誰かと、幸せに幸せに暮らしていると思います。
[PR]
by siawasesagasoh | 2015-02-05 14:09 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aumehanamg.exblog.jp/tb/23468709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31