幸せ探し 杏組

aumehanamg.exblog.jp ブログトップ

右京、巣立ちのとき。



恐ろしい早さで師走がやって来ましたね(>_<)

きっとさらに恐ろしい早さで駆け抜けていくんだろうなぁ・・・。




なーんて。

保護主の私が意味のないセンチメンタルこいてる間(笑)にも、

右京くんはしっかり地に足つけて、地道に赤い糸のはしを手繰り寄せたのでした。


c0264744_15154394.jpg

                            ▲ ふふん♪



少し前からお話はさせていただいていたご希望者さんです。

色々あって体調が万全ではない中で、

先日のさいわい会館さとおや会にもお越しくださいました。




金曜日にお話がまとまり、

2日後の日曜日にお届けしてきました。




なので、

現在我が家に右京はいません。



里親さん宅でトライアル中です。













私は正直、

まさおさんやれいこはんを看取ってから、

保護犬猫たちが卒業していくのが、いつも以上に寂しくて辛くて。。。

その子が幸せになれると思う喜びと、私たちが離れ離れになる寂しさと、

その天秤は今、ひそかに寂しさが重く、傾くのです。




それでもなお保護活動を続けて「里親さんに繋いであげたい」と思うのは、

うちにいるよりもはるかに幸せで、大事にしてくれるご家族があると知っているからで、

「このご家族にお願いしよう」と決めるのは、愛情と覚悟に負けた!と感じるからです。














でも里親さんのその手に託すまでは、私たちは家族。

離れるコンマ1秒まで、ぎゅっとしていたい。

c0264744_15254630.jpg







2週間くらい前から右京のお顔の毛が少し抜けてマラセチアになりかけていました。

薬浴とたまの投薬で小康状態を保っていた右京。


当時希望者さんだった里親さんとお話を進めている最中で、

お届けするならこの日・・なんてところまで進んだところで はた!と、

お顔のことは言っておかなくちゃ!と気付き、大事なことなのでお電話をさせてもらいました。




「今はひどくないけど気になる人は気になるかも。治療も必要になるかも」

これは希望者さんにとってネガティブな話であったにも関わらず、

病気の心配よりも右京への愛情が優っているかのように「大丈夫です」と。



まだ1日もともに暮らしておらず、

まして1度しか右京に会っていない希望者さんが、

半年間右京とともに暮らしている私と同等かそれ以上の覚悟をしてくれている・・・

そのことに「負けた!」と思いました。





天秤は今も重く傾いているけれど、

保護主のそれと、里親さんのそれとでは、

意味も重みも全然違うのを、私なりに分かっているつもりで、

保護犬猫に必要なのは保護主のそれではなく、里親さんのそれなのです。













うーちゃんは犬のひとりっこになったけど、

にんげんの弟くんが出来ました☆


c0264744_15274734.jpg




いつまでも幸せに。

いつまでも、いつまでも。


ずっと、そう祈っているよ、うーちゃん。



うちに来てくれて、ありがとう。






保護からご縁組に至るまで、

多岐にわたり右京をご支援くださったすべてのみなさまに、ご報告します。






                  2013.12.1  右京 トライアルスタート です。


ありがとうございました!
[PR]
by siawasesagasoh | 2013-12-01 14:58 | 右京(決定) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aumehanamg.exblog.jp/tb/21037854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marin-0525 at 2013-12-03 22:54
右京くん、おめでとう(^_^)/~カムイ、あさ、ひーも幸せに続けていけるように頑張るね~
杏さん気持ちわかります(>.<)里親さんに託すまで長くいたこは特に…私も決まってもないけど、考えたら泣きそう(+o+)
さとおや会での右京くん、かわいかったよー(^-^*)
カムイ、あさ、ひーにも右京くんの幸せ伝えたよ
元気で笑顔でね~
Commented at 2013-12-04 04:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by リトル at 2013-12-04 10:37 x
あらま~!! 右京くん、おめでとー♪
弟くんが出来たんだね。
共に成長していくんだろうなぁ。
お正月も家族と一緒。嬉しいね~!!
本当におめでとう!!
Commented by siawasesagasoh at 2013-12-05 13:28
★まりんママさん

まだまだ絶好調に寂しいですが、
里親さんからお便りいただいて少し落ち着きました。

うーちゃんも新しい環境で1歩を踏み出したので、
私もいつまでもメソメソしていたら、うーちゃんに笑われちゃいますね。

でも本当にそうですよね。
長く一緒にいればいるほど、
いつかの別れを思うだけで複雑な気持ちになります。

いつの日か、出会った子とは一生一緒にいてもいいような世の中になるといいですよね。(保護しなければならない子がいなくて、今いる子を送り出さなくてもいいような、動物にとって優しい世の中)

カムイやあさちゃんひーちゃんも、
いずれ巣立つのですよね。
大地も。

その時までめいいっぱいそばにいさせてもらっちゃいましょう!
Commented by siawasesagasoh at 2013-12-05 13:37
★カギコメさん

保護しなければならないような状況にいた頃からずっと見守っているようなときはその子の歴史の一部に触れているので、自然と思い入れは強くなりますね。

里親さん宅へお届けが終わって、家に帰ってその子がいないと認識するとき、幸せに向かって巣立った!っていう保護主としての達成感?と、ちゃんとごはんは食べれただろうか、夜は眠れただろうか、寂しくて泣いていないだろうか。。。そればかりが気になって。。。っていう家族としての喪失感とで心がバラバラになる感覚がいつもあります。

私は保護主で、飼い主ではない。
ではどうして私はこの子の飼い主になれないのだろうか。
そう思うと、堂々巡りのやりきれなさに飲み込まれそうにもなります。

でも現実に目を向けた時に、保護主として手を伸ばしさえすれば救える子がいて、うちにいる保護犬と呼ばれる子には本当の家族が必要で。。。で、やることはひとつなんだなって思いなおすのです。

私がまさやれいこはんに出会ったように、今いるこの子たちにも運命の出会いがある。。そう思うと、気持ちも立て直すことが出来ます。
Commented by siawasesagasoh at 2013-12-05 13:40
★リトルさん

ありがとうございまーす!
うーちゃん、不安げなお顔でさよならしたけど、
里親さんから頂いたお便りでは安心して眠っていました☆
うーちゃんは未来を見据えて1歩を踏み出したので、
私も寂しさの檻から1歩踏み出さなくてはっ

クリスマスやお正月を家族と迎えられることが、当たり前であり、特別なことでもある。。。この季節になると心の底からそう思います。
line

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31