幸せ探し 杏組

aumehanamg.exblog.jp ブログトップ

まさおさん



昨日の夜11時すぎに、

まさおさん、亡くなりました。




聴診器で心音を確かめながら、

名前を呼びながら、抱っこしながら、

静かに鼓動が止まりました。





今日荼毘に付す予定です。




まさおさんの生前お世話になりました本当に多くのみなさまに、

ご報告とお礼を申し上げます。






こんなにお世話になったのに、

おひとりおひとりにご連絡が出来なくてごめんなさい。




その分しっかりと、家族として最期まで、見送ってきます。




ほんとうにほんとうにありがとうございました。






                              まさ、杏
[PR]
by siawasesagasoh | 2013-08-09 07:50 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(37)
トラックバックURL : http://aumehanamg.exblog.jp/tb/20601799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マナティ at 2013-08-09 08:35 x
まさおさん。。(涙)
今、つぶにもまさおさんの事を話しました。

私も若い頃、
11年飼っていた犬をなくしました。
その時の悲しみは、今までの人生の中で
未だに最高の悲しみです。
なかなか普段通りにはなれないでしょうけれど、
ゆっくり元気になってくださいね。

まさおさん、私は
まさおさんがいてくれて、杏さんがいてくれて、
大母さんがいてくれたから、つぶを迎える事が
出来ました。本当にありがとう♪♪
やすらかにお眠り下さい。。。
Commented by リトル at 2013-08-09 09:14 x
まさおさんの旅立ちに合掌。
Commented by ちゃこばば at 2013-08-09 09:35 x
初めてコメントいたします。
まさおさん、旅立ちましたか・・
杏さん、ご家族、そして仲間たちの元を旅立ちましたか。

もしかしたら、まさおさんは、
最後にもうもうひと頑張りしてくれるかな。ごはん食べてくれるかな。
なんて事を思っていましたが、、寂しいです。
でも、生き抜きましたね。
野良と呼ばれた時代も、保護された時代も
見事に生き抜きましたね。
今頃は、れいこはんがお迎えにきてるかな?
尻尾ブンブンで駆けて行ってるかな?

安らかな旅立ちに哀悼の意を表します。

杏さん、ありがとうございました。
Commented by 沢山の感謝を込めて at 2013-08-09 09:39 x
まさおさん、お疲れさまでした。
そして、有り難うございました。

杏さんのブログに出会って、
いつもいつも、生きていく上で大切なことを
教えて頂いています。
まさおさんとは、ブログの中でしか、お会いしたことがないですが
杏さんのまさおさんに対する考え方は、
自分が犬と暮らす上で、本当にたくさんの事を
教えて頂きました。
そして、凛々しく、気高いまさおさんは
犬がどれだけ素晴らしいかを、無知な私に教えてくれました。
それは全て杏さんの、おかげです。
れいこはんの悲しみが癒えぬうちに
まさおさんまで・・・
杏さん、そしてご家族の、お心を思いますと、言葉もありませんが
お身体を大事にしてください。

まさおさんのご冥福を心からお祈り致します。
Commented by 大阪のおばちゃん at 2013-08-09 10:12 x
まさおさん、神様がそろそろお側においで~と呼びはったんですね。
いってらっしゃい、まさおさん。
杏さん、ありがとう。
Commented by Luckup(チェルママ) at 2013-08-09 11:07 x
杏さんの心の支えを失って どれほどの悲しみがあるのか 計り知れません  人間同士ではできない心の通いがあったのだと信じます すてきな出会いをみせてくれてありがとう ご冥福を
Commented by レオパパ at 2013-08-09 12:16 x
まさおさん、静かに安らかに旅立って行ったのですね。
杏さん、ゆっくり休んで下さい。
心よりまさおさんのご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by F市のY田 at 2013-08-09 12:59 x
まさおさん 

大好きな杏さんや大母さん、仲間たちに見守られて
旅立っていかれたのですね。
れいこはんのときもそうでしたが、
まさおさんやれいこはんのことを語る杏さんの言葉・気持ちに
とてもココロを動かされました。
れいこはんと杏さん、まさおさんと杏さん、に
とても大切なことを教えていただきました。
まさおさん、どうもありがとうございました。

とっても悲しくて淋しいですが、
これからはれいこはんとまさおさんが最強のタッグを組んで
杏ファミリーをお空の上から見守ってくれるはず。
とっても心強いですね。

まさおさんのご冥福を心からお祈りいたします。
Commented by 杉作ママ at 2013-08-09 14:41 x
初めて杉作にあった日に、まさおさんにも会いました。ビコビコしてる子犬の杉作をよそに、ドシッと寝そべって威風堂々としていました。「かっこいい~」と相方と話したのを覚えています。
 T様宅の松君もボスとあがめているとの談。男らしい、素敵なまさおさん。杏さんの腕の中で息をひきとられたのですね。とっても幸せなお最後でしたね。どうぞやすらかに。そして天国のみんなのボスになるのかな?杉作の幼なじみのFちゃんが最近天国にいってしましました。とってもいい子なんです。友達になってあげてください。
 杏さんが、どんなにお寂しいかお察します。猛暑です。水分をちゃんととって、お体ご自愛ください。
Commented by あんママ at 2013-08-09 17:32 x
まさおさん、よく頑張りました。
杏さんと出会えて幸せでしたね。
どうかゆっくりと休んでね。
ありとうまさおさん。
杏さん心よりご冥福をお祈り申し上げます。

Commented by のこ at 2013-08-09 19:01 x
まさおさん、杏さんのおうちの子になって
幸せでしたね。きっとまさおさんが決めた
この日だったのでしょう。
色々な事を教えてくれてありがとう。
れいこはんと、思いっきり笑って走って、そして
杏ファミリーを見守って下さいね。
Commented by nailedit at 2013-08-09 21:31
とうとう この日が……
逝くときは、できることなら……
自分が逝くその時に、一緒がいいな。
それまで 共に生きられたら…と あるはずのないことを願ってしまう私です。

まさおさん すこし しんどかったね。

まさおさん がんばったね。

まさおさん 心やさしきナイト。大好きです。

まさおさん、虹の橋を渡り ルンルンの 幸せをいのってるからね。

まさおさん れいこはんを頼みます。

まさおさん いつかまた 逢おうね。

杏さん、最近の まさおさんにあわせてくださり ありがとうございました。
Commented by ブラウン保護主より at 2013-08-09 22:35 x
まさおさん、しっかり生き抜きましたね すごい!最後は杏さんの腕の中で...
一昨年、昨年(2匹)を見送ったものとしては、まさおさんほんとうに頑張ったと心底おもいます。泣きたいときわ、ワーワー泣いてください。
まさおさんお疲れさまでした。天国で、杏さん見守って下さい。
Commented at 2013-08-10 05:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-10 15:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-10 17:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-15 02:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-18 15:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-18 15:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-22 13:16
★マナティさん

まさおさんが逝って2週間経ちました。
1ヶ月経っても1年経っても10年経っても、
私はずっとまさおさんの影を追い続けていると思います。

まさおさんが繋いでくれた保護犬と里親さんのご縁。
いつまでも幸せに暮らすことで、どうかまさおさんの生きた証として残してやってください。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-22 13:19
★リトルさん

とうとう逝ってしまいました。

最期までまさおさんらしく!と、ずっと願っていた形で旅立ちました。
そう願いながら、でもそんな日は来てほしくないと思っていました。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-22 13:23
★ちゃこばばさん

はじめまして。
暖かいお言葉をありがとうございます。

とうとう、とうとう、逝ってしまいました。

最期まで一緒にいられたことに安堵の気持ちもありつつ、
まさおさんのお気に入りの部屋のドアを開けたら、
いつものようにそこにいてほしい・・と願ってしまいます。

でも、そうですね。
今頃れいこはんと肩寄せ合って、
いつかのあの日みたいに日だまり座談会なんかやっているかもしれません。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-22 13:32
★沢山の感謝を込めてさん

こちらこそ、
まさおさんを暖かく見守ってくださっていたこと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

沢山の優しい眼差しがまさおさんを見ていてくれたこと。
だからまさおさんはいつも優しかったのだろうと思います。
その優しさのループの中で生きてこられた私は本当に幸せ者です。

私はまさおさんに色んなことを教えてもらいました。
言葉ではなく、、、目で、背中で、行動で、生きざまで。

もうまさおさんは目には見えなくなってしまいましたが、
まさおさんが教えてくれたことを決して忘れずにいきます。

そういう私の決意をきっと、まさおさんとれいこはんは並んで、
「まぁ、やってみたら~」って言っているんじゃないかと思います。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-22 13:37
★大阪のおばちゃんさん

犬の神さまはどこにいるんでしょうか。
どんなに遠くてもそこにまさがいるなら会いに行きたい。

と、泣きじゃくってダダをこねてみようかと思っちゃいますが、
きっとそんな私じゃ まさおさんが虹の橋で恥かいちゃいますよね。

「これ、おれの杏!」って天国の犬友だちに言ってもらえるように、
多少みっともなく泣いちゃうことがあっても、しっかり生きていきます。
まさおさんがそうだったように。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-22 13:44
★Luckup(チェルママ)さん

今うちにいる子たちが私を支えてくれています。
だけど、まさという後ろ盾を失った私は、
悲しみと不安に飲みこまれそうです。

外では明るく過ごせるしまさの話も出来るのに、
でもやっぱりダメですね。

曲がり角からまさが出てくる気がして、でもいない。と。。ダメです。
ひとりの空間でなにげなくふっと気を抜く。と。。ダメです。

毎日ダメだけど、毎日笑っています。
散歩で走って汗かいて、まさを想ってべそかいて、最後に笑って。
まさが安心してあっちで遊べる程度に元気でいたいと思います。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-22 13:50
★レオパパさん

暖かいお言葉、ありがとうございます。

めまぐるしい展開での介護だったので、
最期があんなに穏やかなものになるとは。
本当にまさおさんらしい最期でした。

私は武士を知りませんが、
きっとこんな感じなのだろうなと思ってしまいました。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-22 13:58
★F市のY田さん

まさおさんは今年涼しいうちはまだ、
仔犬たちとふざけあってダッシュしたり、
ボールを追いかけたりしていたので、
本当に動けなくなったのはわずか数日でした。

本当に見事な犬生の全うの仕方でした。
あっぱれでした。

今は寂しくてどうしようもないですが、
まさおさんにとってはこれでよかったんだ・・とも思います。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-22 14:08
★杉作ママさん

先日は急な電話ですみませんでした。驚かしてしまいましたよね。
昨日の江の島の花火、音がすごくて・・と保護主さんが言っていました。
りこちゃん、無事に過ごしてくれているといいのですけど。。。

まさおさんはいつ何時も堂々としていたのでその存在だけで私に安心感を与えてくれていたようです。まさ亡き今、暗闇や夜の森、夜の海が急に怖くなってしまって、先日鵠沼でもろくに捜索の役に立てませんでした。(汗

まさおさんが虹の橋で杉作の幼馴染Fちゃんと笑顔で遊べるよう、
もう少し私もしっかりしなくちゃ!と思います。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-28 15:57
★あんママさん

まさおさんを見守ってくださってありがとうございました。
見事に生き抜いたまさおさんは、安らかに旅立ちました。

毎日変わらず日が流れていきますが、
どうも私はすぐにあの日に戻ってしまい、
そうしているうちに1日が終わってしまいます。

まさに、
ちゃんと生きるからね!って約束したから、
ちゃんと生きなきゃと思うのですが、もう少しだけぼんやりさせてもらおうと思っています。   杏より
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-28 15:59
★のこさん

今頃はれいこはんと一緒にいてくれているでしょうか。
それなら嬉しいなぁ。

ふたりが並んでいるところを想像してはほんわかやさしい気持ちになって、
それを見ることのできない現実に押しつぶされそうになって。。

そういう日々を繰り返しながら、
まさやれいこはんと約束したことを守っていこうと思います。

まさやれいこはんが
「杏ちゃんもそろそろこっち来てもいーよ!」って言ってくれるその日まで。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-28 16:03
★naileditさん

長くまさおさんを見守ってくださってありがとうございました。

まさおさんと暮らしているとき、
こんな日がちゃんと来るように・・と願いつつ、
そんな日はずっと遠くであるようにと祈りつつ。

老衰で逝ったことにほっとしながらも淋しさは増しますね。


私もまさおさんに出会えて本当によかったです。
うちの梅ちゃんや花ちゃん杏ちゃん銀ちゃんもそう思っていると思います。

永久不滅 杏組の長 まさおさん。

この別れに毎日涙していても、
この素晴らしい存在に出会えた私はやっぱり幸せものです。

杏より
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-28 16:08
★ブラウン保護主さん

いつもお世話になっております。
りこちゃんの捜索もご協力いただきありがとうございます。

「すごいね」「よかったね」って言ってもらえる最期だったのだと思います。
そういうところがまさおさんらしいなぁとしみじみ思います。

自由に生きて、自由に逝きました。

Commented by siawasesagasoh at 2013-08-29 10:26
★鍵コメさん

影となり日向となり、
いつもいつもまさや私たちを支えてくださって、
本当にありがとうございます。

カギコメさんが送ってくださる介護用品も、
まさおさんに幾度となく使わせていただきました。

目が溶けそうなほど泣いて、泣いて、
それでもまだ、まさがいない現実から逃げだしたくなるのか、
呆然としている時間のほうが多いような気がします。

いつもの場所にいると信じ、
いないことを確かめて涙しては、
「そんなのうそ」と認めない。

そんなことを繰り返しながらしばらくは生活するんだろうと思います。

だけど一方で、心の中ではどこか晴れやかに、
まさが別の場所でビュンビュン走り回っている姿を想像しては、
これでよかったんだ、と思っているのです。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-29 10:32
★鍵コメさん

お正月明けですか。
最期は一緒に過ごせたのですか?

れいこはん。
私が初めて出会ったときからわりとしれっとした子だったので、
自分から積極的にお友だちを作ったりもしませんでした。
でもきっと虹の橋ではみんな最初からお友達ですよね。

ころすけさんとれいこはん、そしてまさおさん。
ほかにもたくさんの子たちがあちらで遊びながら待っていてくれるのかなと思うと、早く年を取りたいです。

このお別れにもしも慣れることができたなら、こんなに苦しくはないのかもしれませんね。だけど、この苦しみこそが私たちがともに過ごした日々の重さなのだと思うと、この苦しみさえもあの子たちに繋がっているような気がします。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-29 10:43
★鍵コメさん

あたたかいお言葉、ありがとうございます。

保護活動家としての私の腕の中で逝った子の多くは望まない最期を迎えた子ばかりで、老衰で眠るように逝った子は数えるほどしかいません。

非業の死を看取った時は悔しさや怒りが残り煮えたぎる気持ちをどこにぶつけていいかもわからなくて、本当にやり場のない気持ちがあふれるのですが、老衰で穏やかに・・のときは、静かな悲しみにただ耐えるしかないのですよね。

夏が終わるころにはこの悲しみが少しだけでも癒されていることを願うばかりです。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-29 10:45
★鍵コメさん

とんでもないです!
その節はありがとうございました。

介護の合間のほっと一息。
ミルクティーを飲みながらまさおさんの寝息を聞く時間がとても好きでした。

長くまさおさんのことを見守り応援してくださって、
本当に本当にありがとうございました。
Commented by siawasesagasoh at 2013-08-29 10:54
★鍵コメさん

そうですか。。若い子のほうが。。
20才の子も気落ちしてしまっていませんか??
夏が終わってもシニアさんたちの体力はすぐに回復しないので、
しばらくは特に体調が気になりますね。

まったく同じ気持ちです。
言い聞かせても、ダメなのですよね。
悲しみが溢れて、心を壊していきます。
“一緒に過ごした日々の思い出がある”から、
悲しくて、そして、同時に、やはり幸せなのですよね。

お世話をしている時も十分に幸せを感じていましたが、お世話することが出来なくなった今、さらにさらに、あの頃どれだけ幸せだったのかを感じます。

大好きだからいなくなってしまったことが悲しくて仕方ないけど、
悲しくて仕方ないほど大好きだったのだよね。と、自分に語りかけて、妙に納得したりしています。

大往生してくれたにゃんこさんに心からのご冥福を・・・

18才と3ヵ月。
長きにわたり、家族でいてくれて、ありがとう。
line

家族のいない犬猫と出会い保護する中で学ぶことがいっぱいです。一生懸命生きようとする犬猫の役に立ちたい!


by siawasesagasoh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31