虹の橋と雨降り地区・犬の聖歌

【 虹の橋と雨降り地区 】

天国の、ほんの少し手前に
「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、
死ぬとそこへ行くのです。

そこには草地や丘があり、
彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。


食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ
暖かくて みんな幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も
元のからだを取り戻すのです。

‥‥まるで過ぎた日の夢のように。


みんな幸せで満ち足りているけれど
ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、
残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと‥‥。


動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日‥‥その中の1匹が突然立ち止まり、
遠くを見つめます。

その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。


突然その子はみんなから離れ
緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。


あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

友からの幸せのキスがあなたの顔をうめつくし
あなたの両手は愛する友を優しくなでます。


そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳を
もう一度のぞき込むのです。

あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に
「虹の橋」を渡っていくのです‥‥。


★  ★


けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。

打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。


仲間たちが1匹また1匹と、
それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。

この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると
橋へと続く道の傍らに
誰かが立っているのに気づきます。

その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。


生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が
近づいていきます。

どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。

そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。

地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。


今ついに、この「虹の橋」のたもとで
ふたつの魂は出会い
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。


彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、
二度と別れることはないのです。
 



こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている
「 虹の橋 」 の入り口には
「 雨降り地区 」 と 呼ばれる場所があります。


そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り
動物達は寒さに震え
悲しみに打ちひしがれています。

そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん…
特別な誰かさんの流す涙なのです。


大抵の子は半年もしないうちに
暖かい日差しの中に駆け出して
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。

ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても
ずっと 「 雨降り地区 」 から
出て行かない子達もいるのです。


地上に残して来てしまった
特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので
とてもじゃないけれど
みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。

地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして
同じ悲しみに凍えているのです。


死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い
愛し合った記憶は
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を 伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。


その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。


思い出してください。


動物達が残して行ってくれた
形にも 言葉にもできない 様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「 虹の橋 」 の たもとにいる、彼らの姿が見えるはずです。

あなたの心の その中に
必ずその場所はあるのですから・・・。



・・・・・作者不明






【 犬の聖歌 】

この世の中では親友でさえ、あなたを裏切り、敵となる事がある。
愛情をかけて育てた我が子も深い親の愛を
すっかり忘れてしまうかもしれない。
あなたが心から信頼してる最も身近な愛する人も
その忠節を 翻すかもしれない。

富はいつか失われるかもしれない。
最も必要とする時に、あなたの手にあるとは限らない。
名声はたった一つの思慮に欠けた行為によって
瞬時に地に堕ちてしまうこともあるでしょう。

成功に輝いてるときは、ひざまずいて敬ってくれたものが
失敗の暗雲があなたの頭上をくもらせた途端に
豹変し、悪意の石つぶてを投げつけるかもしれない。

こんな利己的な世の中で決して裏切らない恩知らずでも不誠実でもない
絶対不変の唯一の友はあなたの犬なのです。

あなたの犬は、富める時も貧しき時も健やかなる時も病める時も
常にあなたを助ける。
冷たい風が吹きつけ、雪が激しく降る時も
主人のそばならば冷たい土の上で眠るだろう。
与えるべき食物が何一つなくても、手を差し伸べれば
キスしてくれ世間の荒波にもまれた傷や痛手を優しく舐めてくれるだろう。
犬は貧しい民の眠りを、まるで王子の眠りのごとく守ってくれる。

友が一人残らずあなたを見捨て立ち去っても、犬は見捨てはしない。
富を失い名誉が地に堕ちても、犬はあたかも日々天空を旅する
太陽のごとく、変わることなくあなたを愛する。

たとえ運命の力で友も住む家もない地の果てへ追いやられても
忠実な犬は共にある事以外何も望まず、あなたを危険から守り敵と戦う。
すべての終わりがきて、死があなたを抱き取り骸が冷たい土の下に葬られる時
人々が立ち去った墓の傍らには、前脚の間に頭を垂れた気高い犬がいる。
その目は悲しみにくもりながらも、油断なく辺りを見まわし
死者に対してさえも、忠実さと真実に満ちているのです。


・・・作者不明



c0264744_1512032.gif

[PR]
トラックバックURL : http://aumehanamg.exblog.jp/tb/19107223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まにゃ(#-∀-) at 2013-06-23 16:08 x
私は一昨年愛犬を無くしましたが、その子が無事に周りのみんなと仲良く遊べていることを願います。もし、あなたは私が悲しむせいで、あなたも私と同じような思いをしているのならば、私は自分を責めるでしょう。
何故なら、今でもあなたの事が大好きだから。
Commented by at 2013-06-26 15:10 x
★まにゃ(#-∀-) さん

大好きな気持ちは、
その子の体がな見えなくなっても、
どんなに時間が経っても、
変わることはありませんよね。
・・・むしろますます。ということもあります。

「大好きだからまだ悲しいんだよーーーー!
大好きなんだからしょうがないじゃん!」っていう思いがあってもいいと私は思っています。
ただ、ただただ悲しみだけに捕らわれて身動きがとれなくなってしまうのは、愛犬さんもきっと心配するでしょうね。

私も、亡き愛犬愛猫たちにいつか会えるとき、
いっぱい泣いちゃったけどいっぱい笑って生きたよ!って言えるようにしたいです。
by siawasesagasoh | 2013-01-07 15:00 | 愉快ななかまたち | Trackback | Comments(2)